ふくらはぎの血行を良くするには?

ふくらはぎは、全身の血の巡りを良くするためにキーとなる部位になります。
ふくらはぎの血行が悪いと、そのほかにも不調が出てくる場合も....。

 

ふくらはぎの血行を良くするには?

 

ふくらはぎが冷えて血行が悪くなると、どういったことが起きるのでしょうか?

 

 

ふくらはぎを冷やすこんなデメリットが


ふくらはぎは第二の心臓ともいわれる場所で、血液を循環させるためにポンプの役割を果たしています。
心臓から遠い位置にありながら、重力に逆らって血液を心臓に戻す需要な働きがあります。
このふくらはぎが冷えてしまうと、血行が悪くなってしまうため、細胞に栄養や酸素が十分に行き渡らなくなっていきます。
老廃物や水分もそのままになるので、足が疲れやすく、むくみが酷いという状態になってしまうことも。
「冷えは万病のもと」と言われるように、様々な不調の原因になりやすいので、ふくらはぎの冷えには気をつける必要がありますね!

 

 

ふくらはぎの血行を良くする方法


まずは服装をみましょう。オシャレを楽しむために薄着やスカートになっていると、どうしてもふくらはぎが冷えやすくなります。
露出を控えて寒さ対策を行いながらファッションを楽しんでください。

定期的な運動も、ふくらはぎの血行を良くする上で重要です。
どうしても運動不足になりがちですが、そうするとふくらはぎの筋力が低下してしまいます。
ポンプ機能が弱くなってしまうことになるので、適度な運動で筋肉量をキープしてあげましょう。
また、筋肉は使わないと動きが悪くなります。同じ姿勢で足の筋肉が固まってしまわないように、動かしてあげるようにしましょう。

毎日の入浴習慣は、全身の血行が良くなるおすすめの方法です。
シャワーで済ましてしまう方が多いですが、体温を上げて血流を良くすれば、体の芯から温まって心身ともにリラックスすることができます。
ぬるま湯でじっくり入浴することは、血行促進だけではなく安眠効果もあるので、日々の疲れをしっかりと取るためにも、入浴を習慣づけるようにしてください。

 

 

まとめ


足先や手先の冷えの自覚があっても、ふくらはぎが冷えているという認識がある方は少ないのではないでしょうか?
実際にふくらはぎを触ってみると、思いのほか冷たくなっていることが分かると思います。
足から全身の血行を良くするためにも、ふくらはぎの冷え対策はぜひおこなっておくようにしてください。
ふくらはぎをケアすれば、自然と血の巡りが良くなっていきますよ!