足の血行が悪いとどうなる?足が冷える原因とは

なぜか足が冷えやすい....そんな悩みはありませんか?

 

足の血行が悪いとどうなる?足が冷える原因とは

 

足が冷えて血行が悪くなってしまう原因を知り、足の冷え対策をおこなっていきましょう。

 

 

足の血行が悪いとどうなるの?


足の血行不良が引き起こす症状として、多くの女性が悩まされるのがむくみです。
夕方になると足がまるで象のように太くなるという方も多いのではないでしょうか。
血流が悪くなることで老廃物や余分な水分が滞り、そのまま組織の間に染み出していきます。
その結果パンパンになったむくみ足が出来上がっていくのです。

また、足の血流が悪いと、それをどうにかしようとして心臓や血管に負担がかかりやすくなると言われています。
場合によっては、それが高血圧につながってしまうことも。
下半身には約70%の血液が集まっているので、この影響で全身の血の巡りにも影響を及ぼしてしまいます。
足の血流が悪いだけで、様々な悪影響があることが分かりますね。

 

 

足の血行が悪い原因


第一に挙げられるのが、筋力不足です。足はそもそも心臓から離れた位置にあるため、血液の流れが滞りやすい傾向があります。
それをサポートするのが筋肉の役割で、ふくらはぎは第二の心臓とも呼ばれるほど重要な働きをしています。
ふくらはぎに筋肉があり、運動をして筋肉が動かされていれば、自然と血液は循環してくれるはずです。
しかし、女性は特に筋肉が少なく、また鍛えても付きにくいという特徴があります。定期的に運動をして、ふくらはぎの筋肉をしっかりキープしてあげる必要がありますよ。

次にふくらはぎの筋肉のこわばりです。
たとえ足に筋肉がついていたとしても、カチカチに固まっているとうまくポンプとして動きません。
固まっているのは筋肉がついているからだと考える方がいますが、実はそうではありません。
良質な筋肉は柔らかくなっているので、疲労物質が蓄積して固くなっている可能性があります。
筋肉をつけるだけではなく、動かせるような状態を作ってあげなければ、血液の流れは滞ったままになってしまいます。

 

 

まとめ


筋肉がつくと見た目がムキムキになりそうなイメージがありますが、程よい筋肉はボディーラインを整えるだけではなく、身体本来の機能を果たすうえでも必要な存在です。
足の血行が悪い方のほとんどに筋肉の状態が関係しているので、まずは、自分の足の筋肉の状態をチェックしてみてください。

 

 

 

 

 

 

この内容で送信します。よろしいですか?