スーパーフード辞典「アサイー」

スーパーフードといえばアサイー!
美容を意識する女性であれば1度は食べたことがあるのではないでしょうか?

 

スーパーフード辞典「アサイー」

 

アサイーは一体どのような食材なのでしょうか。
栄養価や食べ方について詳しく見ていきましょう!

 

 

アサイーとは?


アサイーはブラジル原産のヤシ科の植物で、「ブラジルの奇跡」として古くから先住民に愛されてきたフルーツです。
和名は「ワカバキャベツヤシ」で、その身は直径1センチ前後と小さいです。
黒紫色の果実の中身は、95パーセントが固い種になっているので、食べられる部分はなんと5パーセントに限られています。
しかしこの少ない部位に、栄養がギュッと凝縮されています。
劣化が早いことから、現地で消費されてきていましたが、近年貯蔵方法が進化したこともあり、世界中で食べることができるようになりました。
ブラジルでは身をすりつぶして主食に使われている食材なんですよ!

 

 

アサイーの栄養素や期待できる効果


赤道直下の強い紫外線、激しい雨の厳しい環境で育つアサイーは、生命力が強く抗酸化物質が豊富に含まれています。
抗酸化作用が有名なポリフェノールは、ワインの30倍ともいわれていてアンチエイジング効果が期待できます。
他にも食物繊維や良質のアミノ酸、ビタミンやミネラルが含まれているので、美容効果はもちろんのこと、生活習慣予防にも効果が期待できる言われています。
特に鉄分はプルーンの約10倍も含まれているので、貧血になりやすい女性にはおすすめの食材です。
腸内環境を整えたり、肌トラブル予防にも効果的なのが嬉しいポイントです。
「アマゾンのミルク」と言われるほどカルシウムも豊富なので、骨粗鬆症が心配な方にもぴったりです。

 

 

アサイーの摂り方


アサイーそのものにはほとんど味がないため、美味しく食べるには他の食材と合わせて食べるのが一押しです。
最もおすすめの食べ方は「アサイーボール」。
冷凍したアサイーピューレに、バナナやイチゴなどのフルーツ、グラノーラなどをトッピングしたメニューです。
色々なフルーツを一緒に食べられるので、人気の食べ方になります。
他にもスムージーや、ヨーグルトと混ぜて食べるのも美味しいです。
なかなか生のアサイーを手に入れることはできないので、粉末やドリンクタイプのものを取り入れてみるようにしましょう。
食物繊維が多いため、食べ過ぎると下痢になる可能性があります。
少量でも十分に栄養価が高いので、食べ過ぎには注意してくださいね!