スーパーフード辞典「キヌア」

NASAが「21世紀の主要食」として注目しているキヌアは、ダイエットにもぴったりと評判のスーパーフードです。

 

スーパーフード辞典「キヌア」

 

名前を初めて聞く、実物を見たことがないという方も多いのではないでしょうか?
今回は、キヌアがどういった食材なのかということを、詳しく紹介していきます!

 

 

キヌアとは?


キアヌは南米のアンデス原産の食材で、見た目は1~2ミリほどの粒です。
穀物とされていますが、正確にはイネ科ではなく、ホウレンソウと同じヒユ科です。
擬穀物とされていて、ソバをイメージしてもらえると分かりやすいかと思います。

アンデス地域では古くから「穀物の母」として、主食になっていたと言われています。
香りに少しクセがありますが、プチプチとした触感が特徴で甘みがあります。

 

 

キヌアの栄養素や期待できる効果


一言でいうと高タンパク低カロリーな食材なのですが、魅力はそれだけではありません。
白米に比べるとたんぱく質は2倍、脂質は5倍、食物繊維は8倍、カリウムは6倍、カルシウムは10倍、マグネシウムは7倍、リンは7倍、鉄は8倍と驚くほど栄養価が高いです。
必須アミノ酸やビタミンもしっかりと含まれているので、まさにスーパーフードと言えるでしょう。

また基本的な栄養素だけではなく、女性にとってうれしい成分も含まれています。
女性ホルモンと似たような働きをしてくれるフィトエストロゲンが含まれています。
女性らしい体型を維持してくれるだけではなく、生理痛や月経前症候群、更年期障害などの女性特有のトラブルに効果が期待できます。

 

 

キヌアの摂り方


南米では、スープに入れたり粉にしてパンに使われることが多いです。
加熱して食すのが基本的なので、まずは白米に混ぜて食べてみるのがおすすめです。
白米と完全に置き換えても問題ありませんが、食感や香りが合わない場合があるので、美味しく食べるのであれば混ぜて食べてみてください。

プチプチとした食感が特徴的なので、スープやサラダなどに入れてみるのもいいかもしれません。
メインというよりは、追加で使ってあげるのが日本人には合いそうな食材です!
グルテンフリー&アレルギーフリーなので、アレルギーが心配な方でも安心して食べることができます。

 

 

まとめ


健康食品専門店はもちろんのこと、最近では気軽に通販でキヌアを手に入れることができます。
ゆでると5倍ほどのサイズに膨らむので、ダイエットに取り入れるのもおすすめですよ。

 

 

 

 

 

 

 

 

この内容で送信します。よろしいですか?