pm2.5とは?体や健康への影響

中国では大気汚染が深刻な問題になっていますが、その原因の一つがpm2.5です。
ニュースなどでも耳にすることが多くなってきましたが、中国だけではなく日本にもpm2.5の影響が出てきてしまっています。

 

pm2.5とは?体や健康への影響

 

pm2.5とは一体どういったものなのでしょうか?

 

 

PM2.5とはなに?


pm2.5は、大気中に存在する直径2.5マイクロメートル以下の微粒子をさします。
何か特定の物質を示す言葉というわけではなく、該当する微粒子を包括した言葉です。
炭素成分や硫酸塩、アルミニウムやナトリウムなど様々な成分が含まれます。
何らかのものを燃やすことで発生するため、工場や焼却施設、自動車やストーブなどから出ています。
また、直接的に発生する以外にも、大気中で物質が化学反応を起こすことでも発生します。
中国で発生しているpm2.5の原因は、主に火力発電や工場と言われています。
年々量が増えているので、今後も日本に流れ込んでくる可能性が高いです。

 

 

健康にどんな影響がある?


pm2.5はかなり粒子が小さいため、肺の奥に入り込んでしまいます。
その結果、気管支炎やぜんそくなどの呼吸器系の病気を引き起こす確率が高いです。
風邪でもないのにのどが痛んだり、鼻炎が酷くなったようであれば、pm2.5の影響を受けているのかもしれません。
もともと呼吸器系に問題がある人は、症状が悪化する可能性が高いので特に注意してください!

 

 

PM2.5を防ぐ対策


そんなpm2.5を防ぐには、マスクが有効です。
ただし、pm2.5のサイズを通さない種類のものを使い、空気が漏れないように顔のサイズにぴったり合うものを使う必要があります。
大きすぎて隙間があいていると、そこから微粒子が入り込んできてしまい、マスクの意味がなくなってしまいます。

偏西風がふく時期は、中国大陸からpm2.5が飛んできやすくなります。
特に3月から5月にかけて例年上昇するので、その時期には特にしっかりと対策を取るようにしましょう。
あまりにも量が多い場合は、外出を控えたり部屋の換気を最低限にするなど、なるべくpm2.5を吸い込まないようにするのが大切です。
最近ではpm2.5の予報サイトなどもあるので、ぜひ1度チェックしてみてくださいね。

 

 

まとめ


九州地方や四国地方は、特にpm2.5の影響を受けやすいと言われています。
量が増える時期がちょうど花粉症のシーズンと被るため、人によっては症状がかなり重くなってしまうことも。
症状が出始めたら、早めに病院に行って治療を行うようにしてください!