ダイエットしてもお尻だけ太る原因はこれだった!

ウエストは太くないのに、お尻のサイズが大きいせいでボトムのサイズに悩む....。
ダイエットをしているのに、なぜかお尻だけサイズが落ちてくれない。という悩みはありませんか?

 

ダイエットしてもお尻だけ太る原因はこれだった!

 

女性は下半身にお肉がつきやすい体質になっていますが、お尻が太る原因は何なのでしょうか?
今回は、お尻が太ってしまう原因について詳しく紹介します。

 

 

セルライトに要注意!


お尻を触って皮膚がボコボコしていたり、ギュッとつかむとオレンジの皮のようになってしまうという場合は、お尻にセルライトがついてしまっています。
食べ過ぎなどでついてしまった脂肪は、一度皮下脂肪として蓄積されます。
しっかりと燃焼していればなくなりますが、そのままになることで脂肪が定着します。
女性は血行が悪く冷えに悩まされることが多いのですが、その影響でリンパの流れが悪くなり、老廃物がドンドン滞ってしまうことに。
その結果、老廃物と皮下脂肪が絡み合い、セルライトへと変わってしまいます。
セルライトがつくことで、より一層血液やリンパの流れが悪くなるので、お尻が大きくなるという負のスパイラルに突入です。
運動不足や塩分の取りすぎ、体の冷えはセルライトができやすい身体になりやすいので、生活習慣を見直すようにしましょう。

 

 

骨盤の歪みがお尻を大きく


座っているときに足を組んだり、片方の腕ばかりでカバンを持つ、片足重心になりやすい方は骨盤が歪んでいることが多いです。
姿勢が悪いと、それだけで簡単に骨盤は歪んでしまいます。骨盤が歪んでしまうと、下半身に脂肪がつきやすくなります。
それだけではなく、骨盤が開いてしまうことで、本来つかなくても良い位置に筋肉や脂肪がつく原因にも!
骨盤が前傾している人は要注意で、反り腰になることで必要以上にお尻が出っ張ってしまいます。
お腹もポッコリと出てしまうため、下半身のバランスが悪くなり、見た目にも大きな影響が出ます。

 

 

まとめ


ヒップアップを始めても、自分のお尻が大きい原因を知らないことには、効率的に効果を出すことはできません。
エクササイズをしても、日常的なクセのせいで効果が半減してしまうこともあります。
まずはこれらの原因を理解し、その上でヒップアップのための対策を進めていくようにしましょう。
セルライトと骨盤の歪みは、お尻以外にもスタイルを悪くする原因になりやすいです。しっかりとケアをして、美スタイルを目指してくださいね。