目指せヒップアップ!理想のヒップになるには?

キュッと引き締まったお尻は、女性らしいスタイルにとって大切な部位です。
自分の後姿を見ることが少ないので、どういったお尻の形をしているか知らない人が多いのではないでしょうか?

 

目指せヒップアップ!理想のヒップになるには?

 

ヒップアップをしてお尻を引き上げると、様々なメリットがありますよ。

■■お尻の形が悪いとどうなるの?
ヒップが垂れ下がっていると、足が短く見えてしまいます。
同じ身長で足の長さが同じだとしても、ヒップの位置だけで見た目が変わってしまうことになります。
特に、太ももとの境目があいまいになることで、ぼんやりとした印象になってしまいます。
また、スキニーパンツなどのぴったりとした服も、いまいち格好良く着こなせない、という場合も。
せっかくのおしゃれをしても、ヒップの形で後姿に大きな影響が出てしまいます。

■■お尻の形は色々
お尻の形にも色々な種類がありますよね。

まず、出っ尻は、お尻が突き出てしまっている状態です。
腰が沿った状態になっているのが原因で、お腹がポッコリと出てしまうことが多いです。
骨盤が前傾してしまっているので、姿勢を正してお腹周りのインナーマッスルを鍛えてあげましょう。

ダルんと垂れ下がった垂れ尻は、後姿がグッと老けた印象になってしまいます。
お尻の筋肉の衰えが原因になっているので、エクササイズをおこなうことでヒップを引き上げることができます。

日本人に多い扁平尻は、メリハリがなく女性らしさに欠けたお尻の形です。
股関節の歪みでお尻が平らになっているので、歩き方や立ち方のクセを直してあげましょう。

丸いラインではなく、なぜか見た目が四角く見える四角尻は、骨盤と股関節の開きが原因でなってしまいます。
太ももの付け根の骨が出っ張っている方は要注意です!
骨盤と股関節の歪みを調整してあげれば、女性らしいお尻を手に入れることができますよ!

■■理想のヒップ
身長の半分の場所に丸いラインが来る位置が、ヒップの理想的な場所です。
これよりも下がっていると、お尻が下がっているように見えてしまいます。
身長×0.53~0.54がヒップの理想的なサイズですが、一概にこれがベストだとは言えません。
実は、バストとの比率が最も重要だと言われています。
もし理想のサイズ内におさまっていたとしても、胸のサイズが小さければ下半身が大きく見えてしまい、逆だと上半身ががっしりと見えてしまいます。
ヒップアップでプリッと引きあがったお尻を作りつつ、全身のバランスを考えてサイズを調整していきましょう。