メイクで毛穴を無かったことに!毛穴を隠す方法

毛穴の開きや黒ずみなど、毛穴には様々な悩みがあります。
スキンケアで徐々に改善していくことができますが、時間がかかってしまいます。

 

メイクで毛穴を無かったことに!毛穴を隠す方法

 

とにかく毛穴を見えなくしたい!というときには、メイクを活用して毛穴をカバーしてしまいましょう。
毛穴のタイプ別におすすめの方法を紹介するので、ぜひ参考にしてみてくださいね。

 

 

まずは土台を整える


毛穴レスメイクを行う前に丁寧にスキンケアをして、化粧崩れを防止してあげましょう。
どんなにメイクでカバーをしても、数時間後に崩れて毛穴が目立ってしまっては本末転倒です。

化粧崩れを防ぐには、しっかりと保湿することがポイントです。
肌がモチモチするまで、少し多めの化粧水を浸透させてあげます。
化粧水が肌に入った段階で、乳液やクリームをつけて蓋をします。
最後にティッシュで余分な水分や油分をとり、サラサラの状態にすれば準備完了です。

 

 

下地で毛穴をカバー


毛穴の開きやたるみが気になる方は、シリコン系の下地を使って毛穴をカバーするのがおすすめです。
肌を滑らかな状態にしてくれるので、毛穴のでこぼこをうまく隠してくれます。下から上に向かってムラが内容に塗ってくださいね。

黒ずみが気になる方は、カバー力の高い下地を使ってあげましょう。
そうすれば、下地の段階でもしっかりと黒ずみが隠れてくれます。
厚塗りになると後々崩れやすくなるので、薄づきでカバー力がある商品を選ぶのがポイントです。

 

 

リキッドファンデーションで毛穴レスに


パウダーにクリームと様々な種類がありますが、毛穴をカバーするのに最も適しているのがリキッドファンデーションです。
毛穴にファンデーションが入り込むので、ピタッと密着してくれます。
手でリキッドを塗っても問題ありませんが、ムラなくキレイに仕上げるには、ブラシを使うのがおすすめです。
塗るときの注意点は、同じ方向でブラシを動かすようにすることです。
色んな角度からブラシで塗ってしまうと、ムラができやすくなってしまうので注意しましょう。

顔全体に塗り終えたら、スポンジでファンデーションを叩き込みます。
こうすることで、肌とファンデーションの密着度を上げることができます。
余分なファンデーションも落ちてくれるので、厚塗りにならずナチュラルに仕上がりますよ。

最後に、パールが入ったファイスパウダーでふんわりと仕上げます。
パールの粒子が細かく量が少ない方が、程よく光で毛穴を飛ばしてくれます。
これで毛穴レスメイクは完成です!
下地にファンデーションと、毛穴にしっかりと入れ込んでいるので、クレンジングの際には毛穴にメイク汚れが残らないように気をつけてくださいね。

 

 

 

 

 

 

この内容で送信します。よろしいですか?