毛穴なんていらない!?毛穴には実は大切な役割が!

開いた毛穴や黒ずんだ毛穴....鏡を見ていると、もう毛穴なんかなくなってしまえ!と思ってしまうことがありますよね。
特にオイリー肌の人は、毛穴に悩まされることが多いのではないでしょうか。

 

毛穴なんていらない!?毛穴には実は大切な役割が!

 

 

どうしても毛穴に対して悪いイメージを持ってしまいますが、毛穴には大切な役割があります。
今回は、そんな毛穴の役割について紹介していきます。

顔の毛穴はどれくらいあると思いますか?
約20万個もの毛穴があると言われていますが、毛穴の個数は生まれた段階で決まっています。
年齢を重ねるにつれて毛穴が増えたような気分になりますが、数は変わっておらず、毛穴が開いて目立っているだけです。
人によって大きく数に違いはないので、オイリー肌だからといって毛穴の数が多いというわけではありません。

そんなたくさんの毛穴の役割とは、一体何があるのでしょうか。

まず一つ目にあげられるのが、体温調節です。
毛穴は寒い時に収縮して体温を逃げないようにし、暑い時には汗を出して熱を放出しようとします。
この開いたり閉じたりする動きがあることで、私たちの体温は定説な温度に保たれています。
もし毛穴がなければ、体温調節がうまくできなくなってしまいます!

二つ目の役割は、バリア機能です。
毛穴には汗腺と皮脂腺が存在していて、皮脂と汗が合わさることで天然の保湿クリームを作っています。
これが肌の表面に皮脂膜を形成し、肌の水分が逃げないようにしてくれます。
またこの皮脂膜には、潤いをキープするだけではなく、外部からの刺激から肌を守る働きもあります。
毛穴のおかげで、大気の汚れやほこり、乾燥から肌を守ることができているんですよ。

三つ目に、デトックス機能があげられます。
汗や皮脂が毛穴から出る際、同時に体内の老廃物や毒素も排出されています。
基本的にこういったいらないものは、尿などで排出されることがほとんどですが、毛穴からも出ています。
汗をたっぷりかくと肌の調子が良くなることがありますが、あれは毛穴から余計なものが出ているからなんですね。

紹介してきたように、毛穴には大切な役割がたくさんあります。
いつも邪魔者扱いしていた毛穴も、こうやって役割を知ると見方が変わりそうです。
しかしだからといって、毛穴が目立つことは嫌ですよね?
毛穴の役割を知った上で、正しいケアをして美しいむき卵肌を目指していきましょう!