正しい方法で差が歴然!美髪のためのドライヤーのかけ方

とりあえず乾けばいいから、と、適当にドライヤーをしていませんか?
美容院に行った際、「トリートメントをしたわけではないのに、妙に髪の潤いとツヤがある」という経験をされた方は多いのではないでしょうか。

 

正しい方法で差が歴然!美髪のためのドライヤーのかけ方

 

 

美容院帰りのサラツヤヘアの秘密は、実はドライヤーの方法にあります!
正しい方法で髪を乾かせば、自宅でもサロン帰りの髪を再現することができますよ。

 

 

正しいドライヤーのかけ方


ドライヤーを使う!....その前に、まずはタオルドライで髪の水分を取ってあげましょう。
このとき、ゴシゴシ拭くのはNGです。押さえるようにして水分を取り、髪同士が擦れあわないようにしてください。
次に、洗い流さないトリートメントで髪を保護します。オイルタイプやミルクタイプなどがあるので、髪質に合わせて使い分けましょう。

準備を終えたら、初めに根元と前髪を乾かします。
頭皮が湿ったままだと、雑菌が繁殖しやすいです。しっかりと乾かして、頭皮が生乾き状態にならないようにしてください。
合わせて、クセがつくと直すのが面倒な前髪も、先に乾かしてクセが残らないようにしてあげましょう。
根元と前髪が乾けば、残りの髪です。基本的には、後ろから前に乾かすようにしてください。
下を向きながら乾かせば、楽に後ろから前に乾かすことができます。
こうすることで、自然と毛先が内巻きになってくれます。
同じ場所に温風を当てないように意識し、ある程度乾いた段階で、冷風でキューティクルを引き締めてあげてください。
これだけで、自然とサラツヤの髪を作ることができますよ!

 

 

こんなお悩みには、ドライヤーで対策を!


トップがペタンコになってしまう....という方は、トップの髪をつかみつつ根元にドライヤーをあてます。
こうして根元を起こすことで、トップをフワッと仕上げることができます。温風でクセをつけた後は、冷風で冷ましてあげてくださいね。

くせ毛が気になるという方は、髪がある程度濡れている段階から、乾かし方を意識してあげましょう。
クセが出やすい部分の髪を指で挟みながらドライヤーをあて、少し引っ張りつつ乾かします。
手だけでは難しい場合は、ブラシを使って伸ばしてあげましょう。

パーマをうまく出したい場合は、風の強さに注意です。
強い風をあてるとパーマがうまく出ないので、弱い風をあてるようにします。
その際、指に毛束を巻き付けながら温風を当てると、うまくウェーブが出てくれます。

 

 

まとめ


毎日丁寧に乾かすとなると、少し面倒ですよね。
しかし、ここでしっかりとドライヤーをかけておけば、寝ぐせもつきにくく髪が扱いやすくなります。
うまく使いこなして、美しい髪をキープしてくださいね。