飲み方の工夫でスリムに!コーヒーダイエット

「食後には必ずコーヒー」というように、日常的にコーヒーを良く飲む方も多いです。
眠気を感じたときにコーヒーという活用方法もありますが、コーヒーにはダイエット効果があるのをご存知ですか?

 

飲み方の工夫でスリムに!コーヒーダイエット

 

毎日飲んでいるコーヒーでダイエットができるなんて、かなり楽にダイエットができてしまいそうですよね。
では、コーヒーダイエットは、どういった方法で行えばいいのでしょうか?

 

 

コーヒーダイエットとは


コーヒーダイエットは、ブラックコーヒーを飲むだけのダイエット方法です。
コーヒーに含まれる成分により、脂肪燃焼効果を高めるというものになります。
そのため、コーヒーの種類や飲み方、飲むタイミングが重要になってきます。
甘いコーヒーを飲んでいるだけでは痩せないので、正しいコーヒーダイエットの方法を確認しましょう。

 

 

コーヒーの成分やダイエットに期待できる効果


コーヒーに含まれる成分といえばカフェイン。
目が覚める効果があるので、日常的にコーヒーを飲む方も多いですよね。

このカフェインには、実はダイエット効果があります。
脂肪を分解するリパーゼという消化酵素が存在しますが、カフェインにはこのリパーゼを活性化する働きがあります。
加えて血行促進効果もあるので、全身の血の巡りを良くしながら、脂肪の分解を促進する効果があると言えます。

また、コーヒーのダイエット効果はカフェインだけではありません。
クロロゲン酸というポリフェノールの一種が含まれていて、この成分には脂肪を分解してため込むことを防ぐ作用があります。
クロロゲン酸とポリフェノールの相乗効果で、ダイエットをサポートしてくれるのがコーヒーのメリットです。

 

 

コーヒーダイエットの方法


成分の吸収率を上げるために、アイスではなくホットコーヒーを飲むようにしましょう。
また、コーヒーダイエットの際は、砂糖やミルクを使わずブラックを用意してください。
コーヒーのダイエット効果を最大限に生かすためには、食後と運動前に飲むのがおすすめです。
食後であれば、脂肪の蓄積を防ぐ効果が期待できます。
運動前に飲んであげれば、コーヒーの脂肪燃焼作用で運動の効果を上げられるので、運動の30分前に飲んでくださいね。

 

 

まとめ


普段何気なく飲んでいるコーヒーですが、ここまでダイエットに関係する成分が含まれていたなんて意外でしたね。
いつも食後にコーヒーを飲んでいる方は、ミルクや砂糖を入れないだけでもダイエット効果を実感できるかもしれないですね。