同窓会に行かない理由…うまく断るには?

同窓会といえば、昔の知り合いと久しぶりに会えるチャンス!
楽しみにする人がいる一方で、あまり行きたくないという人もいます。

 

同窓会に行かない理由…うまく断るには?

 

では、同窓会に行かない理由には、どういったものがあるのでしょうか?
今回はその理由と、うまく参加を断る方法を紹介します。

 

 

こんな理由があります!


1つ目の理由は、「会いたくない人がいる」というものです。
喧嘩をした、当時付き合っていた、いじめられていたなど、様々な理由から会いたくない人がいます。
わざわざ時間を割いてまで会いたくない人がいる場に行きたくない!というのは、もっともな理由ですね。

他には、「自慢話ばかり聞くはめになる」ということもあります。
学生時代はそれほど差はありませんが、年齢を重ねるごとに学歴や年収、結婚しているかどうかなどの指標で、お互いをマウンティングしあう人もいます。
そういった内容に興味がない人にとっては、自慢話に付き合わされるのはつらいですよね。

「遠方に住んでいる」という理由も、同窓会に行かない理由として多いです。
地方では、大学や働き始めるタイミングで地元を離れる人が多いです。
電車で気軽に行ける距離なら別ですが、新幹線や飛行機を使わなければいけない場所に住んでいると、同窓会のためだけに帰省をする必要があります。
自然と足が遠のいてしまうのも無理はありませんね。

 

 

うまく断るコツ


うまく断るには、やむを得ない事情があることにして不参加を伝えましょう。
最もおすすめなのが、仕事が忙しい・被っているという内容です。
もし同じ職場で働いている人が同級生にいるならバレる可能性が高いですが、同窓会をするころには周囲も社会人になっていることが多く、仕事だといえば仕方がないと納得してくれることが多いです。

長期休暇や祝日などの日程に同窓会が予定されている場合は、旅行と被ってしまっているという伝え方も有効です。
こういった休みには旅行に行く人が多いので、不自然さはありません。

メールやLINEなどで断りの連絡を入れる際には、「不参加です」だけを伝えるのではなく、申し訳ないという内容も合わせて送っておきましょう。
そうすることで、角が立たないように断ることができます。適当な対応をしてしまっては、どこで問題が発生してしまうかわかりません。

また、理由をつけて断った際には、くれぐれもSNSの投稿には気をつけてください。
仕事で不参加といったのに全然違う写真が投稿されていると、険悪なムードになりかねません。
不参加の際には、細かい部分にも注意を払うようにしておきましょう。