年代別同窓会の服装・50代女性編

50代は子育てを終えた人も出てきており、人によってはかなり見た目年齢に差が出てくる年代です。
そんな50代の同窓会は、なんだか気持ちも若返るような気分になる行事ですよね。

 

年代別同窓会の服装・50代女性編

 

しかし、女性であれば誰もが悩むのが、同窓会に着ていく服装ではないでしょうか。
さすがにもう若作りはしないけど....どのくらいオシャレをしていけばいいのか、イマイチ分からないものですよね。

 

 

色合いに注意!光り物がポイントに♪


もう50代だし暗い色合いの服でいいかなと思ったあなた!それは見た目年齢をグッと老けさせてしまう原因になります。
かといって派手色を使うのも、かえって老けて見えることに。

基本的には、顔周りに明るい色を持ってくるようにしてください。
ホワイトやピンクベージュ、クリーム系の色味がおすすめです。
ジャケットやスカーフ、トップスにこれらの色を持ってきてください。
レフ板効果を発揮してくれるので、肌を美しく見せてくれます。

また、光り物を1点取り入れるだけで、華やかな印象になってくれます。
アクセサリーをつけて、上品な華やかさを出していきましょう。

体型をうまくカバーするには、補正下着を使ってみるのもおすすめです。
せっかくの機会なので、思い切りおしゃれを楽しめるように体型を整えてあげましょう。

 

 

おすすめのコーディネート


鉄板のおすすめスタイルはワンピースです。
上品な雰囲気を出したいのであれば、シルクシフォン系の素材を選んでみましょう。
暗い印象になりがちなブラックも、シフォン系であればとてもドレッシーになります。

二の腕が気になるという方は、ドルマンタイプのワンピースを選んでみましょう。
シンプルなワンピースに羽織ものという王道スタイルも、失敗のないスタイルです。
羽織ものを選ぶ際には、ワンピースの色との組み合わせを特に重視してください。
両方が暗い色だと、かなりドヨンとした印象になります。明るい色と暗い色という組み合わせになるように調整をしましょう。

パンツスタイルであれば、水色などの鮮やかなトップスに、白や黒のボトムがおすすめです。
カジュアル過ぎないように、デザインや素材をしっかりと選んであげましょう。
ボトムで引き締めるからこそ、トップスを多少攻めても全体がまとまります。
トップスをふんわりさせてボトムをぴったり目にするのもおすすめですが、より上品にまとめたい場合はソフトな素材のパンツを選んでみてくださいね。