年代別同窓会の服装・40代女性編

40代の同窓会となると、服装に悩む女性が多いのではないでしょうか?
20、30代の頃に比べるとそこまで頑張らなくてもいいかなと思いつつも、適当な格好ではいけない...。

 

年代別同窓会の服装・40代女性編


そんなあなたのために、今回は40代におすすめの同窓会の服装について紹介します。

 

 

若作りNG!自分を客観的に見つめなおそう


40代にとって重要なポイントは、「若作りをしすぎない」「地味になり過ぎない」「露出を控える」「派手すぎない」です。
これら4つのポイントを兼ね備えるのがなかなか難しく、派手にならないように暗い色を選ぶと、地味すぎて老けて見えてしまいます。

服装のイメージとしては、クラシックのコンサートや高級なレストランに行くときのものです。
こういったシチュエーションの時、そこまで派手な服装や暗い服装、露出はしませんよね?
同窓会だからといって張り切りすぎると、浮いてしまう原因になります。
背伸びをせずに自分に似合う格好をすれば、自然と若く美しく見えるので安心してください。

 

 

おすすめのコーディネート


40代の女性であれば、誰もが体型の悩みを抱えています。
若いころとは違い、徐々にボディラインも崩れてきてしまっています。
そんな時におすすめなのが、体型をまるっとカバーしてくれるワンピースです。
ホテルが会場であれば、きれいめ~セミフォーマルぐらいのデザインを選びましょう。

落ち着いたブラックを選ぶのであれば、シフォン生地や刺しゅうレースの入ったデザインを選びましょう。
シンプルながらも女性らしさを出すことができます。

まだまだ明るい色が着たい!という場合には、ピンクベージュの色を選びましょう。
フォーマルなデザインを選べば、甘さも抑えられてほどよい雰囲気になります。
ジャケットをブラックにして引き締めてあげるのもおすすめです。

カジュアルがOKな会場の場合は、基本的に露出をおさえてあげればきれいめなコーディネートを作ることができます。
座敷のお店などでは、足元が気にならないパンツコーデがおすすめです。
アクセサリーをつけてあげれば、女性らしさを出しつつもキリッとした印象を作ることができます。
ワンピースやスカートにジャケットを合わせる場合には、素材をツイードに変えてあげるだけでカジュアルダウンすることができます。

 

 

まとめ


オシャレを楽しむのはもちろんのこと、デザインや素材をうまく利用して体型をカバーしてあげましょう!
年相応の落ち着いたキレイめコーデで、旧友との仲を深めてくださいね。

 

 

 

 

 

 

この内容で送信します。よろしいですか?