いつ食べるのが正解?バナナダイエットの方法

一時期日本国内で大流行したバナナダイエットですが、誰もが1度は試したことがあるのではないでしょうか?
ピーク時には、スーパーのバナナが売り切れてしまうほどの人気でしたね。

 

いつ食べるのが正解?バナナダイエットの方法

 

バナナを食べるだけという簡単さで、挑戦しやすいダイエットだと言えます。
朝バナナダイエットや夜バナナダイエット、様々な種類がありますが、ダイエット効果はどうなっているのでしょうか?

 

 

バナナダイエットとは


バナナダイエットは以前テレビで取り上げられたダイエット法で、それほどお金もかからず栄養も多いので、身体と財布に負担なく続けることができます。
食事を完全にバナナに置き換えてしまうものもあれば、食前にバナナを食べて食欲をおさえるというものもあります。

バナナにはむくみに効果的なカリウム、便秘解消につながる食物繊維、代謝を上げるビタミンB群、コレステロールをおさえるペクチンもあるので、様々な面でダイエットと美容に効果が期待できます。

 

 

バナナダイエットの方法


朝バナナダイエットは、朝ごはんの代わりにバナナを食べるだけというダイエット方法です。
バナナを1~2本と常温の水を飲むようにしましょう。
バナナはすぐにエネルギーになってくれるため、朝から元気に活動ができますよ。

バナナもあくまで炭水化物なので、食べ過ぎには気をつけるようにしましょう。
朝をバナナで置き換えた場合、昼と夜ご飯は普通の食事をとっても大丈夫です。

よりダイエット効果を上げたいのであれば、夜バナナダイエットがおすすめです。
朝バナナダイエットと異なり、食事を完全にバナナに置き換えるわけではありません。
夕食の30分前にバナナを2本食べます。
このときよく噛んでゆっくりと食べるようにしてください。
バナナを食べ終えた段階で、お湯や水をコップ一杯飲んであげます。
脳が満腹を感じるのには30分程度かかると言われているので、事前にバナナを食べておくことで、通常の食事量をおさえることができます。
30分経った段階で、いつも通りのご飯を食べてください。
食事内容はなんでもOKですが、お腹がいっぱいになった段階で食事をやめるようにしましょう。
バナナのおかげで、かなり食事の量がおさえられるかと思います。

 

 

まとめ


バナナダイエットについて紹介しましたが、いかがでしたか?
自分の生活スタイルに合わせて、朝におこなうのか、夜にバナナダイエットを行うかを考えてみてくださいね。