飲み会続きが原因の肌荒れの対処法

飲み会が続いてしまうと、徐々に肌の調子が悪くなり肌荒れを起こしてしまうことがあります。
栄養を摂っているはずなのに、どうして肌が荒れてしまうのでしょうか?

 

飲み会続きが原因の肌荒れの対処法

 

その原因は、お酒とおつまみにあるようです。
飲み会続きでも美肌をキープするために、肌荒れ対策をしてあげましょう。

 

 

飲み会続きで肌荒れが起こる原因


肌荒れの原因の一つは、お酒の飲みすぎです。
アルコールを体内で分解するために、肝臓は大量のビタミンを必要とします。
ビタミンB2には皮脂をコントロール働きがあるため、ビタミンが不足することで、過剰な皮脂が分泌されてニキビができやすくなります。

また、お酒を飲むと眠りが浅くなってしまいます。
就寝時には成長ホルモンが分泌されますが、これは肌のターンオーバーに必要なホルモンです。
深い睡眠の時にしかホルモンが分泌されないので、睡眠が浅いと肌のターンオーバーが低下してしまいます。
その影響で古い角質が肌に残りやすくなり、肌荒れへとつながっていきます。
飲みで帰宅が遅れ、睡眠時間が短いことも肌に影響をしています。

また、飲み会で食べる食事内容にも原因があります。
唐揚げやポテト、ラーメンなど、炭水化物や脂質がたっぷり含まれたメニューが多いです。
こういったメニューばかり食べていると、皮脂の分泌量が増えてしまい、ニキビの一因になってしまいます。

 

 

飲み会続きでも心がけたいお肌のケアは


飲み会続きだと、どうしても帰宅が遅くなってお肌のケアがおざなりになってしまうことが多いです。
飲み会で疲れているときだからこそ、手を抜かずに必ずメイクを落とすようにしましょう!
そのまま寝てしまうと、より一層肌荒れが悪化してしまいます。

スキンケアはオールインワンなどを使ってサッと済ませ、早く寝るようにしてください。
その分翌日にはしっかりとスキンケアを行います。
シートパックや美容液など、スペシャルケアをして肌をいたわってあげましょう。
また、アルコールの分解でビタミンが消費されているので、サプリメントなどでビタミンを補ってあげましょう。
そうすれば、飲み会が続いても美肌をキープすることができますよ。

 

 

まとめ


肌荒れをしてしまうと、メイクノリも悪くなってしまうので、気持ちも滅入ってしまいますよね。
飲み会が続く際には、食事の内容やお酒の量に気をつけて、少しでも肌に悪い影響がないようにしておきましょう。