飲み会続きで体重増加!?太らない方法とは

「仕事の飲みだから断れないし......」そんな飲み会が続いてしまい、気がついたら体重が増えていたということはありませんか?

 

飲み会続きで体重増加!?太らない方法とは

 

お酒を飲んで楽しくなると、ついつい飲み食いが進んでしまいますが、それが続いてしまうとドンドン脂肪がついてしまうことに。
飲み会続きでも太らないためには、どうしたらいいのでしょうか?

 

 

飲み会続きだとなぜ太りやすいのか


飲み会が続くと太ってしまいますが、その原因のほとんどはおつまみです。
アルコールを摂取すると、肝臓がアルコールを分解してくれます。
しかし、肝臓の働きはそれだけではありません。
食事でとったエネルギーを補完する役割もあります。
アルコールがドンドン入ってくることで、肝臓はその対応に追われて、エネルギーを一時的に保管する働きがうまくまわらなくなります。
その影響で、おつまみで食べた食事がそのまま脂肪になってしまいます。

それだけでも恐ろしいですが、もっと恐ろしいのがその時に食べているおつまみの内容です。
ポテトフライや唐揚げなどコッテリとしたメニューが多いです。
お酒を飲んでいるとつい揚げ物を食べたくなりますが、それが体重増加の大きな原因になっています。

 

 

飲み会続きでも太らない方法


先ほど紹介したように、おつまみの内容が重要になってきます。
そのため、飲み会続きでも太らないためには、食事の内容や順番に気をつけるようにしましょう。

まずは、肝臓の働きを助けてあげるために、アルコールの吸収を抑えるようなものを事前に食べておきましょう。
チーズや牛乳、ヨーグルトなどが効果的です。

はじめは低カロリーかつ、低GI値で血糖値が急上昇しないような食材を選びます。
生野菜や枝豆、モズク酢などがおすすめです。
お腹を満たすメインメニューは、ささみや軟骨、ホルモンなどの高タンパク低カロリーな食材がベストです。
ただし、コースなどの場合はメニューが選べません。揚げ物などしかない場合は、レモンを絞ってあげるなどで少しでも吸収を抑えるようにしましょう。

飲みの場ではなかなか調整が難しい場合は、当日の昼食や翌日の食事をコントロールしてあげましょう。
低カロリーでヘルシーなメニューを食べて飲み会分をカバーしてあげれば、体型をキープできますよ!

 

 

まとめ


楽しく飲んでいても、後々体重が増えてしまうと一気にテンションが下がってしまいますよね。
飲み会を楽しみつつ体重をキープするために、食事内容には注意をするようにしましょう。