飲み会続きで生活が乱れた時の対策方法

忘年会や新年会、歓送迎会シーズンはどうしても飲み会が続いてしまいますよね。
そうなると生活が乱れてしまい、体調が悪くなってしまう可能性もあります。

 

飲み会続きで生活が乱れた時の対策方法

 


少しでも飲み会の影響を受けないためには、どうやって体調を整えればいいのでしょうか?
今回は、飲み会続きでも体調を整えるコツを紹介します。

 

 

飲み会続きの生活はどう影響があるの?


飲み会が続くと、肝臓に疲労がたまってしまいます。
連日アルコールの分解をおこなっている肝臓には、大切な役割が3つあります。
肝臓は約1.5kgのサイズをしていて、毒素を分解する働き、代謝、胆汁をつくる働きをおこなっています。
肝臓は別名「サイレントキラー」とも呼ばれていて、症状が現れないまま調子が悪くなっていき、気づいた時には重症になっているということが多いです。

肝臓には、これらの大切な仕事があるため、疲労をしてしまうと身体の様々な部分に不調が出てきてしまいます。
肝機能が低下してしまうと肌荒れや食欲不振、身体のだるさや不眠、急にお酒が弱くなるなどの影響が出てきます。
肝臓の不調は肌色に出ると言われているので、顔色がいつもと違うと感じた場合は、早めに対策をとるようにしましょう。

 

 

飲み会続きでも体調を整えるためのコツ


そんな働き者の肝臓をいたわり体調を整えるには、何よりもまず飲み会でのお酒の量を少なくすることが大切です。
どんなに他の対策をとっても、浴びるようにお酒を飲んでいては肝臓のダメージがドンドン蓄積されてしまいます。
できる限りお酒を飲むときは、水を挟んであげるようにしましょう。

酒量をコントロールしたうえで、肝機能が回復するような対策をとりましょう。
睡眠は、肝臓を休ませるのにとても効果的です。質の良い睡眠とれるように、就寝環境を整えてあげましょう。
寝る直前までスマホなどを見ていると、睡眠の質が悪くなってしまいます。
寝る30~60分前には、スマホやPCを使うのをやめ、布団に入るようにしましょう。
肝臓が疲れているときにはしっかりと寝ることがポイントなので、8時間ほど睡眠時間を確保してあげてくださいね。

 

 

まとめ


仕事の付き合いなどで、どうしても飲み会が続いてしまう時期はあります。
しかし、それで体調を崩してしまっては意味がありません。
表に出ていないだけで、あなたの肝臓はかなり疲労している可能性があります。
長めの睡眠時間を確保して、肝臓を休ませてあげましょう。