つらい二日酔いをスッキリ!二日酔いの治し方

朝起きたら吐き気と頭痛が酷い....。
そんな二日酔いには、古くから使われている民間療法やツボ押しを試してみましょう!

 

つらい二日酔いをスッキリ!二日酔いの治し方


もしかしたら劇的に効果がある治し方があるかもしれませんよ。

 

 

吐き気が酷い時はこれが効く!


二日酔いの影響で吐き気が酷い場合は、重曹水を飲んであげれば吐き気をおさえることができます。
コップ一杯の水に重曹を小さじ1杯入れてください。古くから船酔いの民間療法として有名なんだそうです!
ショウガも同じように吐き気をおさえる効果があるので、お湯にショウガを擦って入れて飲んであげましょう。
このとき、肝機能を強化するはちみつを入れてあげれば、より二日酔いに効果がありますよ。

 

 

押すだけで簡単!ツボ押しで二日酔い解消


乳頭の真下と肋骨の交差点にある期門(きもん)は、二日酔いを解消するツボになります。
飲む前に刺激しておけば、二日酔い予防にもなりますよ!
右の期門だけ押してあげてください。人差し指や中指をツボにあて、上体を倒してあげればうまくツボが刺激されます。

次に、肝臓の働きを活発にするツボです。
健理三針区(けんりさんしんく)は、手のひらの中央から少し手首よりの位置にあります。
ツボが手にあるので、スキマ時間に気軽に刺激できそうですね♪両手のツボをそれぞれ親指で強く押し揉んでください。
少し赤くなるまで刺激してあげれば、肝臓の働きが良くなり、アルコールの分解が促進されます。

 

 

とにかく水をたくさん飲む


様々な二日酔い対策のドリンクが販売されていますが、水も二日酔いに効果的な飲み物です。
できれば寝る前に、大量に水を飲んでから寝るようにしましょう。
アルコールを飲むと、利尿作用から脱水症状を起こしてしまいます。
二日酔いで目覚めた朝は、いわば脱水状態になっているので、とにかく水をたくさん飲んであげてください。
ビタミンCは肝臓の働きをサポートする効果があるので、レモン水を作って飲んであげるのもいいかもしれませんね。
お水を飲む際は胃腸に負担をかけないよう、冷たいものではなく常温で飲んでくださいね。

 

 

まとめ


人間は昔からお酒を飲んでいるので、歴史とともに様々な二日酔い対策の民間療法などが生まれてきました。
どれもすぐに手に入るor特に何も道具がいらないものばかりなので、わざわざ買いに行く必要もありません!
きちんと効果が期待できるので、二日酔いになった際にはぜひ試してみてくださいね。

 

 

 

 

 

 

 

 

この内容で送信します。よろしいですか?