二日酔いを防止&解消してくれる飲み物とは?

二日酔いになりたくないけど、どうしても二日酔いになりやすい...。
もしかしたら、飲んでいるお酒の種類に問題があるのかもしれません。

 

二日酔いを防止&解消してくれる飲み物とは?

 

二日酔いになりやすいお酒もあれば、二日酔いを予防してくれる飲み物もあります。
今回は二日酔いに影響する飲み物について紹介致しますので、ぜひ次の飲み会の参考にしてください。

 

 

二日酔いを予防してくれる飲み物


二日酔いを予防するのに効果的な飲み物は水です。
体内のアルコール濃度が高いと二日酔いになってしまうので、お酒の間に水をしっかりと飲むことが大切です。
またお酒の利尿作用で脱水状態にもなってしまうので、スポーツドリンクを飲むことで水分とミネラル、またアルコール分解に必要な糖分を合わせて摂取することができます。
寝る前にスポーツドリンクを飲んでおくのがいいかもしれませんね。

 

 

二日酔いを解消してくれる飲み物


二日酔いで頭痛が酷い場合は、コーヒーが頭痛を和らげるのに効果的です。
アルコールの影響で血管が拡張することで神経が刺激され、頭痛が起こります。
カフェインには血管を収縮させる効果があるので、頭痛の原因となる血管の拡張をおさえることができます。
ただし、カフェインには利尿作用があるため、頭痛がおさまっても脱水症状が進んでしまう可能性があります。
他の水分も一緒にとるようにしましょう。

また、市販の二日酔い対策ドリンクも、二日酔い時に効果があります。
基本的には直前に飲むことで効果を発揮するタイプが多いですが、中には二日酔いになってからも効果がある商品があります。

 

 

二日酔いになりやすい飲み物


サワーやハイボール、ソーダ割が好きな方は、二日酔いになりやすい可能性があります。
実は炭酸水にはアルコールの吸収を良くする働きがあるのです!
できれば、ソーダ割ではなく水割りなどでお酒を飲むようにしましょう。
ワインや日本酒などの蒸留酒も、二日酔いになりやすいお酒の種類になります。
これらのお酒を飲むときは、特に量に気をつけましょう。こまめな水分補給を意識してくださいね!

 

 

まとめ


炭酸水が、酔いやすい原因になるなんて意外でしたね!
普段チューハイやソーダ割を良く飲む方は、気をつけるようにしましょう。
また、お酒を飲む際は、脱水状態にならないように水分を補給してあげましょう。
アルコールを飲むことで脱水状態になり、のどが渇いてまたアルコールを飲むというサイクルが一番危険です。
1杯お酒を飲んだら1杯水を飲むぐらいのペースで調整をしてくださいね。