二日酔いに効く食べ物となりやすい食べ物

吐き気や頭痛、身体のだるさなどがツライ二日酔いですが、お酒を飲むときに食べる食べ物を意識してあげれば、二日酔いを防止することもできます。

 

二日酔いに効く食べ物となりやすい食べ物

 

次の日に二日酔いになってしまっても、二日酔い解消効果のある食べ物を知っておけば、1日ぐったりすることもありません。
今回は、二日酔いに効く食べ物となりやすい食べ物について紹介します。

 

 

二日酔いになりやすい食べ物


特別に二日酔いになりやすい食べ物があるというよりは、どちらかというとお酒の種類の方に問題があります。
何気なく飲んでいるソーダ割りなどの炭酸が含まれるお酒ですが、炭酸飲料はアルコールの吸収速度を速める働きがあります。
そのため、水割りなどにした方が、二日酔いになりにくいです。

また、蒸留酒は二日酔いのしやすいお酒だと言われています。
ワインや日本酒がこの蒸留酒にあたります。
どちらも美味しいのでついついお酒が進んでしまいますが、二日酔いをしたくない日は控えておくのがベターです。

 

 

二日酔いを防止&解消する食べ物


二日酔いを防止するには、とにかく水を飲むことが大切です。
アルコールを飲むと利尿作用により脱水状態になってしまうので、お酒を飲むときは間にチェイサーを挟んであげましょう。
また、寝る前にたくさんのお水を飲むことも、二日酔いを防止する方法の一つです。

おつまみには、アルコールの吸収を遅くする働きのある、ナッツ類などの脂肪を多く含むものを食べてあげましょう。
肝臓の機能を高めてくれる、スルフォラファンを含む食べ物も、二日酔い防止に効果的です。
ブロッコリーやキャベツに含まれているので、最初にサラダを頼んでみるのもいいかもしれませんね。

防止策のかいなく二日酔いになってしまった場合は、シジミの味噌汁がおすすめです。
シジミに含まれるタウリンは、アルコールの分解を促進する働きがあります。
肝臓と胃腸の働きを助けてくれるビタミンCとジアスターゼを含む大根おろしも、二日酔いの時におすすめの食べ物です。
二日酔いがツラくて食欲がなくても、大根おろしや味噌汁であれば食べられると思うので、二日酔いの朝にはぜひ試してみてください。

 

 

まとめ


楽しく飲んでいると、つい酒量が増えてしまうことがありますよね。
せっかく楽しくても、次の日に体調が悪くなってしまえば元も子もないです。
食べ物や飲むお酒の種類に気をつけて、二日酔いを予防してあげてくださいね。

 

 

 

 

 

 

この内容で送信します。よろしいですか?