お酒を飲む前に!二日酔いを防止するためにできること

今日はどうしても飲む量が増えてしまいそう....。
そんな二日酔いの予感がする飲み会の前には、しっかりと防止対策を行うようにしましょう。

 

お酒を飲む前に!二日酔いを防止するためにできること

 


その場が楽しくても、次の日がツラいのが二日酔い。
次の日に苦しまないためには、事前の準備が大切です。

 

 

二日酔いになってしまう原因


二日酔いの原因は、一言でいうとお酒の飲みすぎです。
体内に入ったアルコールは分解されてアセトアルデヒドになり、身体の外に排出されていきます。
アルコールを大量に飲んでしまうと、この働きが麻痺してしまい、身体にアセトアルデヒドが残って不調を引き起こしてしまいます。
またアルコールは、毒素を排出するために大切な肝臓の働きを弱くしてしまいます。
このことも、二日酔いになってしまう原因の一つになるのです。

 

 

事前にできる防止対策は


一番の予防策はお酒を飲みすぎないことですが、事前に防止をするには肝機能を高める成分を摂取するのがおすすめです。
タコなどの魚介に含まれるタウリンやシジミに含まれるオルニチンは、肝機能をサポートする働きがあります。
これらの成分が含まれたサプリメントが販売されているので、事前に飲んでおきましょう。

また、飲み会前に水分補給をしておくことも防止対策になります。
アルコールには利尿作用があるため、水分が排出されて脱水症状になりやすいです。
アルコールを飲めば水分が排出され、それでのどが渇いてまたアルコールを飲むという悪循環に陥ってしまいます。
お酒を飲む前には、ペットボトル1本分のお水を飲んでおくようにしてください。
そうすれば、脱水を軽減することができます。
ただし、このときカフェインを含んだお茶などの飲料を飲まないように気をつけてください。
利尿作用があるので、逆効果になってしまいます。

合わせて、空腹状態でお酒を入れないよう、事前にたんぱく質を食べておきましょう。
チーズや牛乳などの乳製品は消化に時間がかかるので、特におすすめです。
お水を飲むときに一緒にチーズを食べておきましょう。
サプリも合わせてあげれば、防止対策がバッチリです。

 

 

まとめ


二日酔いの防止対策を紹介しましたが、いかがでしたか?
飲み始めるとどうしても酒量が調整できないのであれば、事前防止策をしっかりとしておくようにしましょう。
また、お酒を飲むときには、脱水症状を少しでも軽減するために、間にお水を挟むようにしてくださいね!