二日酔いとは?なる前に知っておきたい対策法

お酒を飲みすぎた次の日に身体がツライ.....。
二日酔いは誰もが1度は経験したことがありますよね!

 

二日酔いとは?なる前に知っておきたい対策法

 


お酒を飲みすぎるとなるというイメージがありますが、身体の中がどうなってしまっているのか知っている方は少ないのではないでしょうか?
今回は、二日酔いについて深堀していきますよ!

 

 

二日酔いとはどんな状態か


二日酔いは、お酒を飲みすぎることで体内のアルコールが分解しきれず、様々な症状を引き起こしてしまうことをさします。
アルコールは本来身体に入るとアセトアルデヒドに分解され、そのあと酢酸に変わり、水と二酸化炭素として排出されます。
しかし、アルコールの量が多すぎるとアセトアルデヒドが分解されず残ってしまい、不調が引き起こされます。
また、アルコールにより肝臓が大きなダメージを受けてしまうため、肝臓の働きが弱まってしまいます。
アルコールを飲みすぎると、体内ではこのようなことが起きてしまっていたんですね。

 

 

二日酔いであらわれる症状


二日酔いの症状といえば吐き気。胃がむかむかとして、ひどい時には嘔吐をしてしまうこともあります。
また他にも頭痛やのどの渇き、脱力感などの症状もあります。
どういった症状が出るかは人によって差があるので、軽い吐き気で済む人もいれば、集中できないほどの頭痛に苦しめられる方もいます。

 

 

なりやすい人や状況


二日酔いになりやすい人の特徴の一つが、お酒だけを飲み続けることです。
基本的には、お酒を1杯飲んだら水を1杯飲むぐらいのペースで挟む必要があります。
アルコールには利尿作用があるので、飲めば飲むほど体の水分が排出されてしまい脱水症状を起こしやすいです。

また、すきっ腹でお酒を飲むことも、二日酔いになりやすい原因の一つです。
空腹状態でお酒を飲むと、いつもよりも酔いが早くまわってしまいます。
できれば飲みに行く前にお腹に何かを入れておくようにしましょう。
牛乳やヨーグルトなどのたんぱく質を含む乳製品がおすすめです。
すきっ腹で飲みに行かないように、事前に何かを食べて対策をとっておきましょう。

 

 

まとめ


二日酔いの経験がある人は、二度とあんな目にはあいたくないですよね?
二日酔いになるということは、アルコールの量が多すぎたということです。
付き合いでどうしても飲まなくてはいけない場合を除き、お酒を飲む際はしっかりと量をコントロールしてあげましょう。
そうすれば二日酔い対策になりますよ。