初めての一人暮らし。ご近所への挨拶は必要?

引っ越しの時に隣近所に挨拶をするのがマナーと言われていますが、最近ではその傾向が変わってきています。

 

初めての一人暮らし。ご近所への挨拶は必要?

 

ご近所づきあいという感覚が薄れているのが現実で、年々挨拶をしないという人が増えています。
そうはいっても本当にしないで大丈夫なのか不安ですよね?
今回は一人暮らしの挨拶について紹介します。

 

 

挨拶はどこまでしたらいいの?


女性の一人暮らしであれば、基本的に挨拶は必要ないと言われています。
自分から女性の一人暮らしをしていますと言ってしまうようなものなので、防犯の観点から控えた方が良いようです。
エレベーターやフロアで、顔を合わせた際に挨拶をする程度で問題ありません。

マンションの管理も管理会社がおこなっている場合が多いので、管理会社にわざわざ挨拶をする必要はありません。
もし大家さんが物件を管理していたり、近所に住んでいた場合は、挨拶をしておくのが良いです。
大家さんと顔見知りになっておけば、困ったときに相談をすることができますよ!

住人に挨拶をするべきか悩んだ時は、大家さんや管理人さんに聞いてみるのも一つの手です。
都会と地方で挨拶の事情も変わってくるので、臨機応変に対応してあげましょう。

 

 

挨拶の仕方


挨拶をする場合は、500~1,000円程度の手土産を持っていきましょう。
お菓子やタオル、洗剤などもらっても困らないものを用意しておくのがおすすめです。
手土産には、ご挨拶と書いた熨斗紙をつけて渡すようにしてください。
簡単に自己紹介をして手土産を渡すだけでOKです。

不在の場合、二度ほど行ってみてそれでも会えないようであれば、挨拶を無理にする必要はありません。
知らない人からインタンホーンを鳴らされると、居留守を使う人もいます。
隣人であれば顔を合わせるタイミングがあると思うので、その時に軽く挨拶をしておく程度にとどめておきましょう。
大家さんに持っていく手土産は、1,000円~2,000円程度の品を選ぶようにしてください。

 

 

まとめ


昔とは違い、引っ越し時の挨拶もかなり変わってきています。
向こう三軒両隣という表現もあったほど、近所づきあいが密接な時代もありました。
最近ではストーカーなどの恐れもあるため、女性の一人暮らしは挨拶をしないのがほとんどです。
引っ越しの挨拶をしない人が増えているとはいえ、物件や周辺環境によっては挨拶をしても問題ない場合もあります。
不動産屋や大家さんなど、その場所を良く知っている人に1度相談してみてくださいね。

 

 

 

 

 

 

この内容で送信します。よろしいですか?