初めての一人暮らし!失敗しない部屋選びのポイントは?

初めての一人暮らしは、部屋選びにもこだわりたいですよね!
ですが、そうやって部屋を探せばいいのかイマイチ分からない....ということも。

 

初めての一人暮らし!失敗しない部屋選びのポイントは?

 


失敗せずに部屋を探すにはどうすればいいのでしょうか。選ぶポイントと合わせて紹介します!

 

 

部屋探しの時期


とにかくこだわりぬいて部屋を探したいのであれば、1~3月or9月がおすすめの時期です。
この時期は引っ越しをする人が多いので、物件の数も多いです。
その一方で、皆さん引っ越しをしたい時期が明確に決まっているので、申し込みが入るスピードが早いです。
内見に行っている間に申し込みが入ってしまうなんてこともあり得るので、気になる物件を見つけたらすぐに動くようにしましょう!

できれば安く部屋を探したいのであれば、4~5月or7~8月がおすすめです。
この時期は部屋探しをする人がいないため、契約者を探そうとオーナーも頑張っている時期なので、条件交渉がしやすいです。
敷金礼金を少なくしたり、家賃の値下げ交渉もしやすい時期なのでねらい目です。

 

 

家賃の上限を決める


部屋探しで最も重要なポイントが家賃。一般的の収入の30%が家賃の目安だと言われています。
この範囲であればもんだいないですが、生活にゆとりを持たせるという意味では20%ほどの家賃がおすすめです。
1度契約をすると、同じ金額が毎月かかってしまうので、部屋が魅力的だからといって、無理な家賃上限を設定しないように気をつけてください。

 

 

住みたい街を決める


学校や会社から住みたいエリアの距離をチェックしましょう。通勤や通学は毎日行うものなので、乗り換えのしやすさや移動距離は大切なポイントです。可能な範囲を計算し、その中で済みたいと思う街を選んであげましょう。女性の一人暮らしであれば、特に治安面を気にするようにしてください。

 

 

優先順位を決める


部屋を選ぶうえで、どういった条件が優先されるのかを整理してください。
オートロックやバス・トイレ別、独立洗面台など、様々な条件があります。
築年数や駅からの距離が気になる方は、そちらを優先させるのもいいかもしれません。
なんでもかんでもほしいとなると家賃はかなり高くなってしまいます。
自分の出せる範囲内で探す必要があるので、3つほどマストでクリアしておきたい条件を決めておきましょう。

 

 

まとめ


初めての部屋探しとなると、間取りを見ているだけでは部屋のイメージが湧かないかと思います。
いくつか物件を見ておけば、間取り図を見ているだけで部屋のイメージが湧くようになるので、まずはいくつか部屋を見学してみてくださいね!