ドライヤーのマイナスイオン効果は嘘?

ドライヤーを選ぶ際に、何をポイントに商品を選びますか?

 

ドライヤーのマイナスイオン効果は嘘?

 

ポイントの一つとして、マイナスイオン機能を候補に入れる方も多いのではないでしょうか。
なんとなく髪に良さそうな印象がありますが、マイナスイオンは髪に効果があるのでしょうか?

 

 

マイナスイオンの効果に科学的根拠はあるの?


様々な国でマイナスイオンに関する研究がおこなわれており、多くの論文が発表されています。
しかしその一方で、人体にどのような影響があるかどうかの明確な発表はまだされていません。
そのため、マイナスイオンの人体への影響は未知数な状態です。

しかし、ドライヤーで使われるマイナスイオンと、科学的に使われるマイナスイオンは別のニュアンスで使われていることもあります。
そういった点から、マイナスドライヤーの効果については一概に全て嘘だ!とは言えません。

 

 

マイナスイオンドライヤーを使うとどういう効果が?


マイナスイオンの科学的根拠についてはっきりと言及できませんが、実際マイナスイオン機能のついたドライヤーを使うと、違いを感じるという方が多いです。
静電気などで広がった髪には、プラスの電子多くなっています。
その状態の髪にマイナスイオンを含んだ風をあてることで、中和されてまとまりやすくなることも!
髪の内部にまで水分が行き渡ってくれて、しっかりと髪を乾かしながらも適度な潤いが残りやすいともいわれています。

普通のドライヤーに比べると、ツヤや潤い、まとまりやすさが変わるといった意見が多いので、とりあえずマイナスイオン機能がついたドライヤーを選んでみるのがいいかもしれませんね。

 

 

乾かし方に気をつければ、よりツヤのある髪に!


マイナスイオンドライヤーを使うことで、ツヤや潤いはアップしますが、それにプラス乾かし方を意識することで、より美しい髪をキープすることができます。
髪を乾かす際、完全に乾かしてしまう方が多いですが、その手前でとどめておくのがポイントです。
また、髪のキューティクルは熱に弱いため、髪から離して同じところに温風を当て続けないように注意が必要です。
熱をおさえた低温風機能がついていると、それほど気にせず髪を乾かすことができるのでチェックしてみてください。
最後に冷風をあててあげれば、キューティクルがキュッと引き締まってくれるので、ツヤのある仕上がりを実現することができます。
ドライヤーの機能だけに頼るのではなく、乾かし方を見直してみるのも大切ですよ。