まるごと食べて痩せる!?ホールフードダイエットとは

ロサンゼルスを中心に広がった「ホールフードダイエット」は、一時激太りをしたレディ・ガガも減量に成功したダイエット方法と言われています。

 

まるごと食べて痩せる!?ホールフードダイエットとは

 


ホールは丸ごとという意味ですが、一体どういったダイエット方法なのでしょうか?
今回は、ホールフードダイエットについて紹介します。

 

 

ホールフードダイエットとは


ホールフードとは、自然なままの加工されていない食品やオーガニック栽培の食品をさします。
素材を丸ごとそのまま食べるため、野菜の皮や茎などといった部位も食べてしまいます。
日頃何気なく捨ててしまう皮などの部分には、実はたくさんの栄養素が含まれている場合が多いです。
そういったものを全て食べることで、ダイエットにつなげようというのがホールフードダイエットです。

 

 

ホールフードダイエットに期待できる効果


食材を加工せずに食べることで、血糖値の急上昇をおさえることができます。
生成された白米、精製された食パンなどの食材は、GI値が高く血糖値が上がりやすいです。
反対に、未精製の玄米や全粒粉パンなどは、GI値が低く血糖値が穏やかに上昇します。
そのため、ホールフードを食べることでインスリンの分泌をおさえることにもつながります。
インスリンには脂肪を蓄えてしまうので、低GI値のホールフードを食べることで、自然とダイエット効果が出てきます。

また、ホールフードには多くの食物繊維が含まれていることが多いです。
食物繊維は消化しきれずに体内に残るため、満腹感を得やすくなります。
全体の食事量を減ってくれるので、摂取カロリーが消費カロリーを下回り、自然と体重が落ちてくれますよ!

 

 

ホールフードダイエットの方法


まずは、主食の種類を変えてあげましょう。白米ではなく、玄米や五穀米などに変えるようにしてください。
野菜や果物を食べる際には、皮を含め全てを食べるのがポイントです。
スムージーをつくる際は、全ての部位をミキサーに入れてしまうようにしましょう。

ホールフードとしておすすめの食材が、サツマイモです。
サツマイモは低GI値でありながら、ビタミンやミネラル、タンパク質をたっぷりと含んでいます。
小腹が空いたときに食べられるように、干しいもなどを持ち歩くのがおすすめです。
食物繊維やポリフェノールを含むナッツ類も、ホールフードとしておすすめです。
空腹のまま食事をとってしまうとインスリンが過剰に分泌されてしまうので、ホールフードで適度な間食をとるのが、ダイエットのコツになります。

 

 

 

 

 

 

この内容で送信します。よろしいですか?