ガゼリ菌が脂肪を減らす?ガゼリ菌ダイエットとは

ガゼリ菌という言葉を聞いたことはありますか?ガゼリ菌は乳酸菌の一種になります。
健康に良いとされているヨーグルトですが、実は商品によって入っている乳酸菌の種類が異なります。

 

ガゼリ菌が脂肪を減らす?ガゼリ菌ダイエットとは

 

最近では、そんな乳酸菌の一種であるガゼリ菌を使ったダイエットが話題になっています。
ガゼリ菌ダイエットにはどのような効果があるのでしょうか?

 

 

ガゼリ菌とは


ラクトバチルス・ガゼリ、通称ガゼリ菌は、善玉菌の一種です。
人間の腸に存在する乳酸菌で、生きたまま腸に定着することができる限られた菌です。
このガゼリ菌を摂取することで、内臓脂肪が減るという臨床試験結果も存在し、脂肪を減らす効果が期待できる乳酸菌になります。

 

 

ガゼリ菌がダイエットに効果的な理由


先ほども紹介したように、ガゼリ菌には内臓脂肪を減らす効果があります。
そのため、日々の生活にガゼリ菌を取り入れてあげるだけでも、脂肪が減ってくれるというメリットがあります。

また、生きたまま腸に届いて定着してくれるため、善玉菌を増やす効果が高く、腸内環境を改善することができます。
腸内環境が整うことで、消化吸収がしっかりと行われるようになり、いらない老廃物がスムーズに排出されていきます。
「ため込まない」身体になってくれるため、むくみ知らずで脂肪が燃焼されやすい身体作りにつなげることもできます。
そうなってくれると、食生活を意識したり運動をしてあげると、いつもよりもダイエット効果が高まってくれます。
効率的にダイエットを行う上で、腸内環境は非常に大切なものになりますよ!

 

 

ガゼリ菌ダイエットの方法


ガゼリ菌ダイエットは、ガゼリ菌が含まれるヨーグルトを食べるというダイエット方法になります。
食べるタイミングですが、食後が最もおすすめです。
食前に食べた方が食欲が抑制できそうですが、乳酸菌を腸まで届けるという観点では食後がよさそうです。
ガゼリ菌は胃酸に強いといわれていますが、空腹時ではないタイミングに食べるのがベターです。

また、食事をヨーグルトに置き換えてしまうというのも1つの手です。
糖と一緒に摂取すると吸収率が高くなるので、朝食にオリゴ糖を入れたヨーグルトを食べるという取り入れ方もいいかもしれませんね。

 

 

まとめ


ガゼリ菌ダイエットについて紹介しましたが、いかがでしたか?
乳酸菌は、人によって合う合わないが分かれてしまう菌です。
そのため、もしかしたらガゼリ菌が身体に合わない可能性もあります。
ガゼリ菌を含め、自分にどの乳酸菌があっているか色々と試してみてくださいね。

 

 

 

 

 

 

 

 

この内容で送信します。よろしいですか?