ニキビ肌にも使って大丈夫?美顔器の注意点

顔にぽつぽつとできるニキビですが、すこしでも早くニキビを改善してあげたいですよね。
そんな時、美顔器を使うのは大丈夫なのでしょうか?

 

ニキビ肌にも使って大丈夫?美顔器の注意点


ニキビができてしまったニキビ肌に美顔器を使ってもOKなのか、詳しくチェックしてみましょう。

 

ニキビ肌に使ってOKな美顔器とNGな美顔器


ニキビ肌は、肌がとても敏感になっているため、刺激によるダメージを受けやすいです。
美顔器を使うことで炎症が悪化に、ニキビ跡にも繋がってしまうことがあります。

ここでポイントとなるのが、美顔器の種類です。
どのようなメカニズムで肌ケアをするのかを考えたうえで選べば、ニキビ肌でも問題なく美顔器を使用することができます。

ニキビ肌にOKなのは、肌への負担が少ない美顔器になります。
ターンオーバーを促進してくれたり、あくまでも成分を肌に届けてくれるものであればOKです。

それとは反対に、肌に刺激を与えてしまう超音波美顔器や、ダイレクトに肌を痛めてしまう美顔ローラーは絶対に使わないようにしてください!
炎症が悪化して、赤みや色素沈着を引き起こしてしまいますよ!

 

 

ニキビ肌におすすめの美顔器とは


ニキビ肌に最もおすすめなのが「イオン導入美顔器」です。
肌に有効な成分を浸透させることができるので、ニキビをおさえて改善する成分を肌にしっかり届けることができます。
特にビタミンC誘導体には、抗酸化作用があるため、ニキビの炎症を鎮めてくれる効果があります。
こういった特徴をうまく生かせば、肌の調子を整えつつ、ニキビケアも行うことができます。
ただし、どんなニキビ肌でも使っていいというわけではありません。
ニキビの状態が酷い場合は、基本的に美顔器でのお手入れを控えるようにしましょう。
美顔器を使用するときも、説明書に記載されている使い方や時間、頻度を必ず守るようにして、肌を改善するために過剰に美顔器を使うようなことはないようにしてください!
炎症がピークのときはそのままにしておき、ニキビ跡などのトラブルに美顔器を活用してあげるのが安全ですよ。

 

 

まとめ


ニキビ肌と美顔器の関係について紹介しました。
やはり、少なからず肌に刺激を与える美顔器は、ニキビ肌には注意して使う必要があります。
使おうかどうか悩んでいるという場合は、ある程度ニキビが落ち着いてから利用をするようにしましょう。
間違った使い方で、ニキビ肌を悪化させてしまわないように気をつけてくださいね!

 

 

 

 

この内容で送信します。よろしいですか?