セルフネイルの難関。利き手と逆の手を上手に塗る方法

セルフネイルの1番の難関といえば、利き手ではない手のネイル。
利き手であれば簡単に塗れるマニキュアも、逆の手に変わっただけで一気に状況が変わります。

 

セルフネイルの難関。利き手と逆の手を上手に塗る方法


線がガタガタになったり、色にムラができてしまうことはありませんか?
そうならないために、コツをしっかり押さえて塗るようにしましょう。

 

 

色むらが出ないように下準備を丁寧に!


マニキュアを塗る前のお手入れは、とても大切な工程です。
爪の形を整えて表面を磨くことで、爪の凹凸がなくなるため、色がキレイにつくようになります。
甘皮処理や爪磨きはしっかりと丁寧に行い、少しでもムラが出ないように整えてあげるのがポイントです。

 

 

手をしっかりと固定する


手を置くクッションや机を活用して、とにかく手が動かないように固定してください。
手だけを置くと震えて塗りにくくなる場合があるので、肘からテーブルに手を付けてしまうのがおすすめです。
そうすれば、手だけ付けるよりも指先が動きにくくなります。

それ以外にもテニスボールなどの丸いものを握ってあげると、指先がうまく固定できます。
どちらのやり方もおすすめですが、塗る方向が変わってしまうので、両方を試して自分好みの姿勢を見つけてください。

 

 

ハケの液量を調整する


そのまま取り出したハケは、毛にたくさんのマニキュア液がついてしまっています。
その状態で爪を塗り始めると、間違いなくはみ出してしまいます。
毛先をしごいて液の量を調整しましょう。1度で終わらせるのではなく、重ね塗りをする前提で塗ってあげてください。
そうすれば、発色が良くなりますよ。

また、筆などで細かい部分を塗る際は、短めに持ってあげましょう。
筆を持つ位置が遠いと、細かい調整がしにくくなります。力を入れやすくするためにも、短めを意識してください。
焦らずにゆっくりと丁寧に塗ってあげれば、大きなずれはなくなります。
筆は基本的に、真ん中を始点に左右に動かしていきます。
端から端まで一気に動かすと、手が震えてはみ出しやすいので要注意です。

 

 

まとめ


利き手と逆は、誰でも難しい部分になります。
どうしても最初ははみ出したりガタつきが出てしまいますが、めげずにトライしてくださいね。
細かいデザインをする場合は、ライトを使って手元を照らしてあげるのも一つの手です。
そうすれば、細かい部分の調整がしやすくなります。
本番前に練習したい場合は、利き手と逆の手でネイルチップにマニキュアを塗ってあげるのもいいかもしれませんね。
良い練習になりますよ!