派手なのはNG!な時のシンプルなセルフネイル

ネイルでオシャレを楽しみたい!という女性はたくさんいますよね。
ですが、職場や仕事内容によって、ネイルが制限されてしまうときもあります。

 

派手なのはNG!な時のシンプルなセルフネイル

 


マナーを守りながらネイルを楽しむには、シンプルなデザインがおすすめです。
シンプルなデザインでも、十分にセルフネイルを楽しめるので色々と種類をみてみましょう!

 

 

ネイルのTPO


凝ったデザインのネイルはとてもオシャレですが、法事や入社式、入学式などの行事に派手なネイルの人がいるとどう思いますか?
濃い色やラメが入ったネイルはかなり印象が悪いですよね!
そういった場合は、爪のお手入れだけしてあげる、薄ピンクのネイルに止めておくなどの対処が必要です。

そういった行事だけではなく、職場も規則とTPOをしっかりと守る必要があります。
会社によって、かなり自由にネイルアートを楽しめる職場もありますが、そこは表のルールだけではありません。
女性ならではの裏のルールもあるため、周りを観察してどのレベルまでOKか探りを入れておきましょう。
フレンチネイルや、シンプルなグラデーションであれば、それほど目につかないのでおすすめです。

接客業などの場合、そもそもネイルがNGな場合が多いです。
そんな時は、爪のお手入れと保湿だけでも美しい爪先になるので、基本的なお手入れだけはおこなっておきましょう。

 

 

セルフでも簡単なシンプルネイルのデザイン


セルフネイルでシンプルといえば、1色使いのワンカラー。
ピンクやベージュのマニキュアは、肌なじみが良いため指先が美しく見えます。
目立たないながらも女性らしさを楽しむには、肌色に合った馴染みの良いカラーを選んであげましょう。

上品な雰囲気が魅力のフレンチネイルも、定番かつ人気のデザインです。
ピンクのベースカラーに、白いフレンチラインを描いてあげれば、それだけでエレガントな印象に。
単色はちょっとつまらない....という方にオススメです。

グラデーションネイルは、爪が長く見える効果があると言われています。
クリアカラーをベースにしておけば、爪が伸びたときもあまり目立たないので、手抜き感がありません。
一見難しそうなデザインですが、スポンジを使ってポンポンと優しくなじませてあげれば、セルフネイルでもうまくグラデーションをつくることができますよ。

 

 

まとめ


オシャレを楽しみたいからといって、なんでもやりたいことをやるのは大人の女性としては避けたいですね。
TPOに合わせ、マナーを守りながらセルフネイルを楽しむようにしてくださいね。

 

 

 

 

 

 

この内容で送信します。よろしいですか?