ジェルを使った本格セルフネイルのコツ

プクプクとした爪がかわいらしいジェルネイルは、通常のネイルアートよりも人気のネイルになります。
最近では、サロンでジェルネイルをしてもらう女性が多いのではないでしょうか?

 

ジェルを使った本格セルフネイルのコツ

 


道具を揃えたり手間がかかりそうというイメージから、なかなかジェルを使ったセルフネイルに踏み出せませんが、実は意外とそうでもないんですよ!
自分でジェルネイルをするにはどうすればいいのか、手順を確認してみましょう。

 

 

セルフジェルネイルに必要な道具


基本的なお手入れグッズは、通常のセルフネイルと同じです。
エメリーボード、バッファー、プッシャーなどを用意してください。

ジェルネイルには、それ以外に様々な道具が必要です。

まずはクリアジェル。ベースコートやトップコートと同じようなイメージで使えます。
ジェルを塗るためにブラシも必要になります。
デザインに合わせて、カラージェルも用意しておきましょう。
これらのジェルを固めるにはライトが必要です。
UVライトとLEDライトが販売されていますが、ジェルの種類によって硬化するライトの種類が変わるので要注意です。
未硬化のジェルをふき取るために、クレンザーとワイプ、もしくは毛羽立たないコットンも必要です。

 

 

ジェルでセルフネイルする際の手順


ジェルネイルは普通のネイルと異なり、ライトをあてて硬化させるという作業が増えます。
爪のお手入れで事前準備をしたら、まずベースとなるクリアジェルを塗り、ライトをあてて硬化します。
次にカラージェルを塗り、同じようにライトをあてて硬化します。
このとき、色々な色を使って最後に効果をすると滲みやすいので、できれば1色ごとにライトをあてるようにしましょう。
デザインが完成したら、トップジェルを塗って硬化し、最後に見硬化ジェルをふき取れば完成です。

 

 

乾かし方やオフのコツ


硬化をする際、一気に手にライトをあてたくなりますが、それをしてしまうと指によってライトの当たり方が変わります。
そのため、ジェルが流れてしまったり、一部の爪がうまく硬化をしない場合もあります。
まずは親指以外をライトに入れ、次に親指だけをライトにあてるようにしましょう。

ジェルネイルで最も気をつけるべきポイントはオフです。
かなり爪に負担がかかってしまいます。
専用リムーバーorアセトンを爪に浸透させてからオフをしますが、その際しっかり浸透をしているのを確認してからオフ作業に入りましょう。
無理やりジェルを剥がしてしまうと、爪の表面がボロボロになってしまいますよ!
くれぐれも、じっくり時間をかけてオフするようにしてくださいね。