ポイントを押さえよう!セルフネイルのやり方

自分の好きなデザインをネイルにデザインできるセルフネイルですが、せっかく可愛くキレイに仕上げたからには長持ちをさせたいですよね?

 

ポイントを押さえよう!セルフネイルのやり方

 


そのためには、いくつかのコツをおさえてセルフネイルをする必要があります。
今回はセルフネイルのコツを紹介するので、ぜひチェックしてくださいね。

 

事前のお手入れが重要!セルフネイルをキレイに仕上げるやり方とは


まずは爪の形を整えてあげます。できれば爪切りではなく、やすりを使って形を調整してください。
お湯に指を3分つけて爪を柔らかくします。先端を徐々にやすりで削り、好みの長さまで調整してください。
このとき、横からみてやすりの角度が45度程度になるようにしてあげましょう。
同じような角度で角を削り、スクエアやラウンドなどの形に仕上げます。

次に、余分な甘皮を処理します。
市販のキューティクルリムーバーを塗り、プッシャーで甘皮を根元に向かって押します。
濡らしたガーゼでふき取ってあげれば、甘皮をうまくとることができます。最後に爪の表面を磨き、光沢のある土台をつくります。
バッファーで爪をこすりすぎると、爪が薄くなってしまうので、軽く擦る程度にとどめてください。
シャイナーで磨いてあげれば、事前準備の完了です!

 

 

もちが良くなる塗り方のコツ


爪のお手入れが完了したら、最初にベースコートを塗ります。
これを挟むことで、カラーポリッシュがよれにくくなり、均一につきやすくなります。
ポリッシュの色が爪に沈着するのを防ぐ効果もあるので、忘れないように塗ってあげましょう。
カラーポリッシュを塗り始める際は、まずは毛についたマニキュアを落とし、少量がついている状態で爪の先端を塗ります。

再度ボトルにハケ戻し、今度は片面だけをしごき、甘皮の1mm上からサッと先端に向けて塗ります。
甘皮付近→先端を繰り返し、全体を塗り終えたら1度乾かしてください。
美しく仕上げるためには2度塗りが大切なので、乾き次第もう1度ポリッシュを重ねてください。

2度塗りが完了し乾いたら、最後にトップコートを塗って仕上げます。
トップコートを塗ることで、ネイルの強度が上がり長持ちしてくれます。
良く乾かすことがポイントなので、乾かしすぎかな?と思うぐらい放置しておきましょう。

 

 

まとめ


セルフネイルのコツはいかがでしたか?
基本に忠実に丁寧に仕上げることが、長持ちのポイントです。
手間にはなりますが、ムラなく美しいネイルをキープするためにも、準備と塗り方に注意してみてくださいね!