美人なのに…写真写りが悪い人の特徴とは?

あれ?写真と全然実物が違う!そんな写真写りの悪い人は、時々いますよね。
どうしてここまで差が出てしまうのでしょうか?

 

美人なのに…写真写りが悪い人の特徴とは?

 


写真写りの悪い人には、ある特徴があると言われています。
どういった点に問題があるのか、それぞれチェックしていきましょう。

 

 

顔の歪み


人間の顔は、左右非対称になっています。
そのため目の大きさや位置、頬骨の高さなど微妙な違いがあります。
しかし、必要以上に顔に歪みが生じていると、写真写りが悪くなる場合があります。
もともとの骨格もありますが、日頃の習慣で歪みは悪化していきます。

・いつも同じほうの歯で食事をする
・座るときに足を組む
・カバンをいつも同じほうの肩にかける

などのくせがあると、歪みが生じてしまいます。
これらの影響で、影やシワができたり、目に見えて歪みが分かる状態になってしまったりしますよ!

 

 

のっぺりメイク


対面で顔を見ているときは気にならなくても、写真ではメイクの状態が大きく影響してきます。
もともと日本人は平らな顔立ちをしているので、写真に写るとのっぺりとした地味顔になってしまいます。
ローライトとハイライトを使うことで、肌に立体感を作ることができます。
化粧は気持ち濃い目にしておけば、はっきりとした顔立ちで写ることができます。
アイラインとチーク、マスカラの3つは、特に丁寧に作りこんであげましょう。

 

 

表情が固すぎる


証明写真といえば、誰もが微妙に写ってしまう写真です。
正面から写され、表情が固い状態で撮影することが原因です。
写真写りが悪い人は、いつもの笑顔が出せていない場合がほとんどです。
友達と話しているときのような表情を出せれば、写真写りはぐっと良くなります。
楽しいことを思い出してリラックスをすれば、とてもいい笑顔が出せるのでぜひ挑戦してみてください。

スマホやPCに接する時間が長い現代人は、表情筋が固くなっているとも言われています。気が付いたときに、顔の筋肉を鍛える様にしておくと、突然写真を撮ることになっても、自然な表情が作りやすくなりますよ!(参考:顔の筋肉を鍛えて口角の上がった素敵な笑顔に!

笑顔以外にも、目の開き方も注意ポイントです。
目があまり開いていないと、写真写りが悪くなってしまいます。
とにかく大きく開けばいいということではないので、少しだけいつもより開けてみるようにしてください。
少しの差になりますが、写真上ではかなり写りに違いが出てきます。

 

 

まとめ


心当たりのある特徴はありましたか?これらを改善していけば、写真写りが良くなること間違いなしです!
少しの意識で、写真写りはグッと変わります。写真写りが悪い人にならないためにも、色々と対策を取ってみてくださいね。

 

 

 

 

 

 

 

 

この内容で送信します。よろしいですか?