なぜかいつも写真写りが悪い・・その原因は?

写真に写るときちゃんとしているはずなのに、なぜかいつも写真写りが悪い...。
もしかしてこの顔が私の本当の顔なの?そんな悩みはありませんか?

 

なぜかいつも写真写りが悪い・・その原因は?

 

写真写りが悪いのには、原因があります。コツさえつかめば誰でも写真写りが良くなるんですよ!
今回は、写真写りが悪くなってしまう原因について紹介します。
自分に当てはまるものがないか、チェックをしてみましょう。

 

 

表情がかたい


いつもカメラを向けられると、身構えてしまいませんか?
無表情になってしまったり、笑顔がカチカチになってしまうと、写りが悪くなってしまいます。
無理に大きく目を開いている、リラックスができない、普段の笑顔が出せないという方は、魅力が半減してしまっています。
鏡を見てニコッと笑えるようであれば、必ずカメラの前でも笑顔になれます。とにかくリラックスすることが大切ですよ!

 

 

笑顔が全力すぎる


思い切り笑った笑顔はとてもかわいらしいですが、写真となると別です。
目の前で動いているときは一瞬なので可愛いなと思いますが、全力の笑顔を写真で切り取られると、変な顔になっている場合が多いです。
笑いすぎて頬骨が出すぎたり、目が細くなっていたり、口の表情が中途半端なタイミングで撮られてしまうことも。
あくまで写真に残すという観点で、自然な笑顔を作るだけで大丈夫です。
写真用の笑顔の作り方を、練習してみてくださいね。

 

 

自分が可愛く写る角度やポーズが分からない


人間の顔は左右非対称になっています。
それぞれのパーツも左右でサイズが異なるので、どの角度が一番魅力的に見えるかを研究してあげましょう。
何も考えずにまっすぐカメラに向かっていては、かなり損をしてしまいます。
顔の角度や姿勢など、調整をしてみてくださいね。

 

 

写真になれていない


芸能人やモデルは、とても自然な表情を作れていますよね。
あれは、写真をとにかくたくさん撮られていて慣れているからです。
写真写りが悪い自覚がある人は、おそらく写真を撮ることが少なかったのではないでしょうか?
妙に写真写りが良く可愛い写真をSNSで投稿している方がいますが、あれはとにかく何枚もセルフィーを取って、その中から厳選した1枚をアップしています。
たくさん写真を取れば、カメラに対してどの角度でいるのがベストか、どういったポーズが可愛く見えるかがだんだんわかってくるので、とにかく写真をたくさん撮りましょう。