使える!写真写りが良くなる方法3選

思い出に残る写真は、きれいor可愛く写りたい!女性であれば誰もがそう思いますよね?
そんな変な動きはした覚えはないのに、妙に不細工に映ってしまうとテンションが下がります。

 

使える!写真写りが良くなる方法3選

 

どんな時でも写真の写りが良くなるためには、どうすればいいのでしょうか。
今回は、写真写りが良くなる方法を紹介していきます!

 

 

チャームポイントを知って、可愛く見えるポーズを研究する!


どんな時でも可愛く写っている女性はいませんか?
あれは、初めからそのスキルがあったわけではありません。
そういった人はだいたい、写りの良いポーズを心得ていて、写真を撮る際にはその角度で写るようにしています。

写真写りを良くするには、自分のチャームポイントを知り、それが最大限に生かされるようなポーズを身につけましょう。
フェイスラインなどの気になるパーツがあるようなら、うまく手でかくしてカバーをしてください。

 

 

複数で写るときはポジションが重要


何人かで写真を撮るときには、横並びになることが多いですよね。
そんな時には、片足を半歩前に出しつつ、少しだけ下がってみましょう。
そうすることで小顔に写ることができます。

また端っこに立ってしまうと、どんなにスタイルがいい人でも横にのびたようになってしまいます。
真ん中よりに立てばきれいに写るので、写真撮影の時には場所取りを忘れないようにしてください。

 

 

とにかく自然な笑顔

カメラを向けられると、どうしても顔が強張ってしまい、自然な笑顔になれないことがあります。
最も効果的なのは、とにかく数をこなして撮られる慣れることです。
日頃から積極的に写真に写るようにしてみてください。

また、自然な笑顔を作るには、好きなものを想像するのがいいと言われています。
動物や食べ物など、1番好きなものを想像してみてください。
そうすれば、自然と笑顔が出ますよ。

もう一つ効果的なのが、赤ちゃんを想像することです。
赤ちゃんの笑顔は、人を笑顔にする効果があります。
カメラではなくかわいい赤ちゃんがいると想像して、カメラに向かって笑顔を作ってみてくださいね。
 

メイクでメリハリをつける


写真に写る際には、マストでテカリをおさえるようにしましょう。
そうしないと一人だけテカテカとした写真になってしまいます。
また、メイクが薄すぎると写真映えがしないので、ポイントメイクはメリハリをつけて少し濃い目にします。
のっぺりとした印象にならないように、ハイライトとシェーディングをうまく使ってください。