女性管理職の上手な部下とのコミュニケーション方法

管理職であれば、部下とのコミュニケーションがとても重要な仕事になってきます。
女性ならではの良さを生かしつつ、部下との関係を築いていきたいですよね?

 

女性管理職の上手な部下とのコミュニケーション方法

 


今回は、女性管理職が押さえておきたいコミュニケーション方法を紹介します。

 

 

男性部下・女性部下にはどう対応すればいいの?


「女性は感情的になりやすい」「男性はマルチタスクが不得意」などがよく言われますよね。
性別による考え方の違いは、どうしても表れやすいです。
だからこそ、そういった前提を踏まえてコントロールをする必要があります。

一般的には、男性は結果重視で女性はプロセス重視だと言われます。
マルチタスクでプロセス重視がゆえに口出しをしたくなりますが、そこは男性部下の考え方に合わせてうまく進めていくようにしましょう。
女性の部下は、同性がゆえにチェックされることが多く、時には敵に回ってしまうこともあります。
同じ性別だからこそ、悩みを真摯に聞いて共に解決していくようにしましょう。
また、反感を買わないような服装やメイクを心がけることも大切です。

 

 

ティーチングではなくコーチングを行う


部下とのコミュニケーションの中で、大切なことはコーチングです。
すべてを教え込んでいては、相手も成長しませんし、なんでも口を出してくると悪い印象を与えかねません。
部下に質問を投げかけて自ら考えさせる、部下がきいてほしいと感じていることを聞いてあげるなどを意識する必要があります。
また多少遠回りでも、部下の答えを引き出してあげましょう。
そうすることで、部下の能力や可能性を引き出すことができ、結果としてチームがうまくいきます。
その上司といると仕事がうまくいく、成長すると感じると、部下は自然と信頼を寄せ尊敬の念を表してくれますよ。

 

 

女性ならではの気配りでコミュニケーションをとる


女性は男性に比べると、観察力があると言います。部下の様子は常にチェックし、素早く状態を把握できるようにしてあげましょう。
部下の性格やメンタル状況を知ることで、的確なコミュニケーションをとることができます。
女性ならではの気配りと共感力は、チームの信頼関係を強化するのにぴったりです。
呼びつけて悩みを聞き出すような強引なことはせず、観察をしたり相談のしやすい雰囲気を作ることで、自然と悩みを知ることができるような状態にしておきましょう!