女性管理職のメイク術!重視したいポイントは?

メイクは女性の印象を変える武器です。可愛い印象にも、ハンサムな印象にも顔を演出することができます。

 

女性管理職のメイク術!重視したいポイントは?

 


女性管理職の方は、会社の顔として様々な場に行くことがあります。
だからこそ、メイクをしっかりと行って印象をコントロールしましょう。

 

 

女性管理職のメイクについてのこころがけ


ビジネスの場では、ノーメイクは絶対にNGです。身だしなみを整えるという意味でも、必ずメイクをおこなうようにしてください。
しかし、どんなメイクでも挑戦していいわけではありません。女性管理職の方は、知的さを感じさせるメイクをしてあげるのがポイントです。

特に眉とアイメイクを重点的に行ってあげましょう。眉はやや長めに書き、眉山に角度をつけてシャープな形に整えてあげます。
アイメイクは濃くしてしまうと印象が悪いです。ナチュラルながらも自然と目力が出るようにするのがベストなので、ブラウンやグレー系でグラデーションを作ってください。
アイラインは長く引くのではなく、まつ毛のキワに細く入れてあげてください。そうすれば自然と目力がアップしますよ!

基本的には知的メイクがおすすめですが、仕事内容に合わせてメイクをうまく使い分けてみるようにしてください。
重要なのは服装とメイクのバランスです。TPOに合わせてうまく変えてみてくださいね。

 

 

化粧崩れ防止にはベースメイクが重要!


部下の管理に自分の仕事、打ち合わせや会議など、長時間労働が増えてしまうと化粧を直すタイミングもありません。
夕方にはファンデーションがよれてドロドロ....という状態にならないためにも、崩れにくいメイクをすることが大切です。

ベースメイクの持ちをよくするには、メイク前のスキンケアが最も重要になってきます。
その日1日を楽に過ごすためにも、このスキンケアにはしっかりと時間をかけてあげましょう。
化粧水や乳液は少し多めに使い、しっかりと肌に浸透するまで待ってあげましょう。最後にティッシュで顔をおさえてあげれば、メイクの準備が完了です。

次に、ファンデーションが厚塗りにならないために、コントロールカラーで肌のアラをある程度カバーしてあげます。
赤・青・黄色などの色味があるので、肌の悩みに合わせて使い分けてください。
テカリが気になる方は、皮脂を吸着してくれる化粧下地を使ってみてください。
下地でカバーをしておけば、ファンデーションが薄づきで済むので、結果として崩れにくいベースメイクを行うことができますよ。

 

 

 

 

この内容で送信します。よろしいですか?