身だしなみも重要!女性管理職にふさわしい服装とは?

オフィスにおける服装は、多くの女性にとって悩みの種です。
プライベートとは違い、職場ごとのルールをおさえつつ服を選ぶ必要があります。

 

身だしなみも重要!女性管理職にふさわしい服装とは?

 

特に女性管理職となれば、どのような服装をすればいいのか分からないという方が多いです。
今回は、女性管理職が押さえておきたい服装のポイントを紹介します。

 

知性と上品さを重視!


女性管理職にとって、服装は大きく印象を左右する重要な要素です。
スカート派やパンツ派など、基本のスタイルは個人の好みによりますが、どちらであっても押さえておきたいのが「知性」と「上品さ」です。
まだまだ男性の管理職が多い中で、女性管理職はどうしても目立ってしまいます。女性らしく上品な印象を与えられれば、信頼度もアップしますよ!

これらの要素を際立たせるためには、服のサイズ感が大切になってきます。
肩幅が合っていなかったり、全体的にブカっとした服装をしているだけで、どこか頼りない人に見えてしまいますよね。
しっかりと試着をして、自分にぴったりのサイズを選びましょう。
また、女性らしい上品さは必要ですが、過度に女を表に出す服装は周囲の反感をかうことが多いです。
特に同じ女性には嫌われます。応接室などでの対応も増えるので、スカートの丈には特に気をつけるようにしましょう。
仕事ができる知性、信頼性、そして上品な女性らしさが強調されるようなデザインの服装をするようにしてくださいね。

 

 

部下が上司に求める服装とは?


キャリアカバーが行ったアンケート調査によると、上司の評価において服装を重視するという回答が4割にもなっています。
「どんな時に上司の服装にガッカリするか」という質問では、回答が以下のようになりました。

・「服がシワシワ」57.4%
・「服が汚れている」43.8%
・「同じ服装を続けてきているとき」28.3%
・「露出の多い服を着ているとき」26%

この回答からわかるように、女性上司はかなり服装チェックをされていることが分かります。
部下が求める女性上司の服装は、このような結果になりました。

・「清潔感がある」89.1%
・「年相応」79.8%
・「落ち着いた雰囲気」78.3%

周囲に負けないような服装をするのではなく、自分に似合った清潔感のある落ち着いた服装をするのが最も重要であることが分かりますね。
女性管理職は、若手女性社員のロールモデルになるだけではなく、信頼と尊敬の対象にもなり得る存在です。
仕事を円滑に進めるためにも、手を抜いた服装はせず、誰からも好かれるような好感度の高い服装をするようにしてくださいね!