顔のたるみを消す!顔体操するだけでマイナス10歳も若く見られる?

だんだんと現れてくる「ほうれい線」。目の下に斜めに走る「ゴルゴ線」。
10代、20代のころには無かったのに、加齢とともに現れてくる憎い線ですね。
これらの原因は、ずばり「顔のたるみ」。
そして、顔のたるみを引き起こす大きな原因のひとつに顔の筋肉の衰えがあげられます。

 

顔のたるみを消す!顔体操するだけでマイナス10歳も若く見られる?


では、顔の筋肉を鍛えることができれば、顔のたるみも解消できるのでは?
そこで今回は、顔のたるみを消す「顔体操」をご紹介します!

 

 

表情筋を鍛える顔体操で、たるみを消す!

 


顔の皮膚の下には表情を変える度に動かす「表情筋」があります。
この表情筋は、全部で30種類以上もあると言われていますが、実際に日常で使われているのは全体の30%程度だそうです。
筋肉は使わないとどんどん衰えて行きますが、逆に意識して使うことで、何歳になっても鍛えることが可能です。
普段使っていない表情筋を鍛えることで顔のたるみもリフトアップすることができますので、ぜひ試してみましょう。

 

 

 

ほうれい線を消す!顔体操


・口を大きく開けて、「あ」の形にします。そしてそのまま片方の頬の筋肉を意識して上へ持ち上げます。2秒間キープし、その後は逆側を同じように行います。これを左右順番に5往復。
・口を閉じた状態で笑顔を作ります。ゆっくり左右に口角を引き上げ、ゆっくり元に戻します。これを5回行います。
・口を閉じた状態で、舌を頬の内側にぐっと押し付け、ほうれい線をなぞるように動かします。左右10回。

 

 

目の下のゴルゴ線を消す!顔体操


・目を大きく開けて、目玉をぐるりと回します。右回り、左回りと回しましょう。なるべく大きく動かすこと、また、おでこにしわが寄らないように気をつけて下さい。右回り左回り各3回ずつ。
・顏を天井にむかって上げて、逆に目線を床に向くように下に下げます。そのまま、ゆっくりと瞬きをします。次に反対に顏を下に向け、目線を上に向けた状態でゆっくり瞬きをします。各10回ずつ行いましょう。瞬きの際に、まぶたに力を入れてゆっくり行うのがポイントです。

 

 

らくらく顔体操効果?一石二鳥以上のグッズとは


私達の顔に存在する表情筋は、たくさんの種類があります。
そのおかげで、様々な表情を作り出すことが可能になるのですが、「表情筋を鍛える顔体操」も色々あって、どれをしたら良いのかわからない・・!と迷ってしまうこともあると思います。

上記で紹介した体操は代表的なものですが、もっと広範囲に表情筋を鍛えたい!ちゃんと筋肉を動かせているかどうか不安・・という人へ、おすすめなのがEMS機能搭載のグッズです。

EMSとは、筋肉に電気の刺激を与えることで、勝手に運動させることが可能な機能ですが、ダイエットや筋肉を鍛える目的のエクササイズ機器などに搭載されていることが多いので聞いたことがある人も多いのではないでしょうか。
以前は体の筋肉を鍛えるのが目的の製品しかなかったのですが、最近は顔にも使えるものがたくさん出ていますよ!
メリットは、自分で体操しなくても勝手に筋肉を動かしてくれること。
間違った方法で体操すると、皮膚にシワがよってしまったり、鍛えたくない部分が動いてしまったりということもありますが、これらの道具を使えばそういったことも避けられるということ。
中でもおすすめは、マッサージ用のローラータイプのもの、肌の保湿ケアにEMS機能が搭載された美顔器ですね。
ローラータイプは、顔のたるみの原因のひとつである老廃物の滞りをケア出来ますし、美顔器タイプは、同じくたるみの原因となる乾燥や肌の弾力低下をケアすることができます。

もちろん、顔体操も良いですが、うまく出来る自信がない、効果が出るまで時間がかかるので途中で挫折しそう、という人には、こういった道具を使ったケアもおすすめです。