女性管理職ならではの強みとは?女性だからこそのメリット

働く女性であれば、誰もが一度はキャリアプランに悩むタイミングがきます。
ライフスタイルに合わせて雇用形態を変えたり、キャリアアップを目指したりと、人によって様々です。

 

女性管理職ならではの強みとは?女性だからこそのメリット


その中でも近年、女性の管理職が徐々に増加をしています。
欧米に比べ水準がまだまだ低いですが、女性管理職ならではの強みもあり、企業にとっても大切な存在になっています。
女性だからこそのメリットはどういうものがあるのでしょうか?

まず一つ目としてあげられるのが、コミュニケーション力と細やかな対応です。
女性は一般的に観察力が優れていると言われているので、その力を活かして周囲とのコミュニケーションをうまくとったり、気配りをすることがうまいです。
部下の仕事やメンタルの状態、メンバー同士との関係についてもしっかりと把握することができるので、チームとしてうまくまとまりやすいです。

二つ目に、若手女性社員のロールモデルとして、新たな道を切り開ける点です。
今までは、結婚や出産のタイミングで退職をする女性がほとんどでした。
徐々に結婚や出産をしても働き続ける人が増えてきていますが、どうしてもキャリアについて悩んでしまうことが多いです。
そんな女性たちにとってモデルとなるのが、女性管理職の姿です。
自分たちでもキャリアアップをして管理職を目指せるんだ!というのを知ることで、より前向きな気持ちで仕事に取り組むことができます。
若手の目標として道を作ることができるのも、女性ならではの役割ですね。

三つ目に、性別を問わず部下が相談をしやすいということがあげられます。
女性社員の多くは、男性上司に悩みを相談しづらいと考えています。
仕事のことなら問題がなくても、プライベートや体調のことは特に難しいです。
その点、女性の管理職がいれば、気軽に様々な相談をすることができます。
悩みを抱えていると、仕事に影響に影響が出てきてしまうので、気軽に相談ができる環境はとても重要です。
男性の部下であっても、女性上司は気軽に相談しやすい場合が多いので、チーム全体の状況を常に知るという意味でも、相談がしやすい雰囲気があることは強みになります。

女性ならではの様々なメリットがある管理職ですが、その一方で仕事の重みも増えてきます。
年収は上がりますが、責任も重大になっていきます。
しかし、だからこそ仕事が楽しくなり、達成感や充実感を味わえるというのも管理職の良いところです。
キャリアに悩んだ時には、ぜひ管理職ポジションについても考えてみるようにしてくださいね!