チークで透明感を演出!肌に透明感が出るチークの使い方

自分に合うチークの色が分からない....。そんな悩みはありませんか?

 

チークで透明感を演出!肌に透明感が出るチークの使い方

 

自分の肌にぴったりと合ったチークを使えば、自然と肌に透明感が出てきます。
透けるような肌の美しさを出すためにも、チークの選び方と使い方はとても大切です。
今回は、透明肌になるためのチークの使い方を紹介します。

 

 

あなたの肌はイエローベースorブルーベース?


イエローベースとブルーベースという言葉を知っていますか?
肌は大きく二つの種類に分けることができ、それぞれの特徴によってタイプを分けることができます。
白とクリーム色ならクリーム色が似合う、シルバーよりゴールドが肌に馴染むという方は、イエローベースです。逆の場合はブルーベースです。
イエローベースは黄みよりのカラーが似合うので、コーラルピンクやアプリコットのチークがおすすめです。
一方ブルーベースは青みよりで、ローズピンクやピンクベージュがおすすめです。

 

 

チークの種類別おすすめのつけ方


パウダーチークの場合は、チーク専用ブラシを使うようにしてください。
色がキレイに発色するように作られているので、肌にピタッと色がつきます。
そのままつけるのではなく、まずは手の甲で余分なチークを落としてから塗るようにしてください。

練りチークは、指先やスポンジを使って塗ります。パウダー以上に色が乗りやすくムラになりやすいので、注意をする必要があります。
また、思っているよりも伸びるので、適当に塗っていると赤ら顔のように見えてしまう恐れも。
少しずつ塗って範囲を広げ、肌に叩き込むようにしてなじませるようにするのがポイントです!

 

 

最近の人気はパープルチーク!


ピンクやオレンジが主流のチークで、パープルだなんてどんな色がつくか想像がつきませんよね?
敷居が高そうな色味ですが、肌のくすみを飛ばして透明感をアップさせる色として人気です。
まずは頬全体にブラシでつけ、全体的に透明感をアップします。次に頬の高い位置に重ね塗りをして、色味を濃くしてください。

単体使いはちょっと怖い...という場合には、暖色系のチークと一緒に使ってみましょう。
まずはピンクや赤のチークを塗り、血色を出しておきます。
その上からブラシでサッとパープルチークを重ねれば、血色&透明感の両方を兼ね備えることができます。
このとき、先に塗るチークは、クリームやリキッドタイプがおすすめですよ。