透明感のある女性になる!メイク術

メイクで肌の透明感を出すとなると、ベースメイクに力を注ぎがち。
ですが、透明感のあるメイクにとって、ポイントメイクは重要な役割を果たします!

 

透明感のある女性になる!メイク術


今回は、そんなポイントメイクをパーツごとに紹介します。

 

 

こっくりリップでコントラストを作る


いつもメイクをしているとき、何色のリップを使いますか?
あまり冒険ができず、薄づきの商品ばかりを使ってしまうことが多いですよね。
肌の透明感を作るには、実はこっくりとした色がポイントになってきます。
マットなレッドやローズ、はっきりとしたピンクは肌のコントラストを作ってくれるので、肌が明るく見えるという効果があります。
今まで挑戦したことのない濃い色でも、塗ってみると意外となじむのでぜひ挑戦してみてください。

 

 

単色シャドウで濡れ感を出す!


アイシャドウはグラデーション重視という方が多いですが、単色シャドウを塗ると自然な陰影が生まれてくれます。
特にヌーディーなツヤ感のあるカラーを使えば、透明感をキープしながらも色気のある目元に!
赤身のあるシャドウで目の周りを囲めば、血色感が出て特に透明感が強調されますよ。

 

 

チークとハイライトでツヤ感アップ


透明感を出すには、ピンク系のチークがおすすめです。
パールが入ったものであれば、内側からほわっとしたピュアな透明感が出ます。
より自然な透明感を出したいのであれば、ヌーディーカラーのチークが一押しです。
ベージュのチークは色味が少ないながらも、自然な色づきが魅力的です。

ハイライトはうまく活用すれば、透明感はもちろんのこと顔に立体感をつけることができます。
白色を使うと浮いてしまうので、ピンク系やベージュ系カラーを選ぶようにしましょう。
Tゾーン、頬骨の上部、鼻筋、顎にサッと色を乗せます。このとき、付けすぎてギラギラにならないように、手の甲で量を調整してください。
アイメイク前に瞼に入れてあげるのもおすすめですよ!
そんな便利グッズ・ハイライトですが、塗り方を間違えると顔が膨張して見えてしまいます。
色を乗せる際には、広範囲に入れないように注意してくださいね。

 

まとめ


いつもバッチリメイクをしていると、どれも物足りなくメイクばかりです。
ですが、透明感に濃いメイクは必要ありません。あえてナチュラルメイクをして、自然な陰影のある素肌感を演出しましょう!
ポイントメイクを押さえておけば、あなたもすぐに透明感のある肌を作ることができますよ。