老けて見える顔のたるみ、なぜたるむ?その原因とは

シミやシワと違って、メイクでもごまかしづらいのが「顔のたるみ」。
顔のたるみは、老け顔の象徴と言っても良いほど、見た目年齢を引き上げます。

 

老けて見える顔のたるみ、なぜたるむ?その原因とは


たるみは、主に加齢による老化が原因ですが、ひとつの要因だけでなく、様々な要因が重なり引き起こされている老化現象です。
今回は、まず、顔のたるみの原因を詳しく見ていきましょう。

 

 

顔がたるむ、3つの大きな要因とは


顔がたるむ原因には、大きく分けて3つの要因があります。

 

 

皮膚の弾力の低下


皮膚は表皮、真皮、皮下組織の3つから構成されています。
年齢を重ねていくと、真皮層でバネのように表皮を支えているコラーゲンやエラスチンがダメージを受けて、表皮を支える弾力を失っていきます。そして支えを失った表皮が重力に耐えられず、下へとさがっていくことで、顔のたるみが発生します。

 

 

表情筋の筋力低下


顔には表情筋という顔の表情を作り出す筋肉が存在します。体の他の筋肉が骨についているのと異なり、表情筋は顔の皮膚に直接ついているのが特徴です。そのため、より細かな動きをすることが可能で、様々な表情をつくれるのです。
しかし、加齢により体の筋肉が衰えていくように、顔の表情を作り出す「表情筋」も衰えていきます。
表情筋が衰えると、その上についている脂肪や皮膚を支えきれず、顔のたるみが発生します。

 

 

皮下脂肪の増加


皮下脂肪とは、その名の通り皮膚のすぐ下にある脂肪です。
年齢を問わず存在しますが、加齢により代謝が悪くなることで肥大しやすくなります。
皮下脂肪が増えると、その分重みが増しますので、重力の影響により下がりやすくなります。
それが、顔のたるみの要因となるのです。

 

 

部位ごとのたるみの原因


「顔のたるみ」は、目元や口元、頬やアゴなどのフェイスラインなど、様々な場所に現れますが、それぞれ何が原因でたるみを起こしているのでしょうか?

 

 

目の下のたるみの原因


目の下のたるみは、主に皮膚内のコラーゲンが減少してハリがなくなることで起こることが多いようです。
また、代謝が悪くなりクマが悪化することで、目の下に余計な脂肪が溜まってしまい、その膨らみと重みによって皮膚が垂れ下がってしまう「目袋」という状態もあります。

 

 

口元のたるみの原因


口元のたるみの原因は、他の部位と同様、コラーゲンやエラスチンの減少で肌にハリがなくなることや、また口の周りにある筋肉「口輪筋(こうりんきん)」が衰えることが原因で起こります。

頬のたるみの原因
頬のたるみには、様々な原因があります。
コラーゲンやエラスチンの減少によるハリ不足はもちろん、顔全体の表情筋の衰え、老廃物が溜まっている、頭皮がたるんでいるなど、多くの原因がからみ合って生じます。
また、頬のたるみがひどくなると、ほうれい線が出現してきます。

 

 

 

たるみが進行する前に!今の「顔のたるみ度」をチェックしよう


加齢と共に顔がたるむ前に、少しずつその前兆が現れているはずです。
特に注意したいのは、目元や目尻、鼻から口にかけて出現するシワ!
もし、ここに小さなシワが現れてきたら、たるみが始まっているかもしれません。

また、目の下に現れるふくらみや、なかなか取れないクマも要注意。
皮膚が顔のたるみを引き起こす前段階に来ていますので、たるみケアをしっかりしましょう。

その他、
・肌が乾燥する
・シミが増えてきた
・顔のむくみがなかなか取れない
なども、顔のたるみの前兆となります。
これらのサインが出ていたら、早めに予防や対策を行い、顔のたるみの進行を遅らせましょう!

 

 

顔のたるみを防止するには


たるみのサインが出てきたら、早めにたるみケアをして防止、改善に努めましょう。
・表情筋を鍛える
・マッサージなどで顔に老廃物排出を促す
・皮膚の保湿をしっかりと行う
これらをポイントに、ケアしていきましょう。
方法は、表情筋を鍛える顔体操、リフトアップマッサージなど色々とありますが、中でもおすすめなのは、EMS機能を搭載した美顔器です。
体操やマッサージ、肌のお手入れなど、それぞれを毎日継続するのは意外と大変ですが、EMSで筋肉を鍛えながらマッサージできるローラーや、イオン導入や超音波で肌ケアできるEMS機能付きの美顔器など、様々な製品がありますので、自分の生活スタイルに合ったものを探してみてはいがかでしょうか。