透明感のある肌になるためのスキンケア方法とは

トラブル知らずの透明感のある肌は、女性であれば誰もが憧れる存在です。
メイクという武器でカバーすることもできますが、できれば素肌を美しい状態に保ちたいもの。

 

透明感のある肌になるためのスキンケア方法とは


透明感のある肌には、どういったスキンケアが必要なのでしょうか?

 

 

まずは保湿!


肌トラブルに負けない肌にとって乾燥は大敵です。
乾燥で肌のバリア機能が低下すると、様々な刺激を受けやすくなりダメージが蓄積してしまいます。
ニキビや吹き出物、シワなどがあると、透明感がある肌とは言えません。保湿をしっかりとすることで、トラブルを回避しましょう。
また、肌の水分量があがることで、ふっくらとしたハリをキープすることができます。
水分量が25%以下だと肌がくすんで見え、40%以上になると透き通って見えると言われています。
トラブルだけではなく、内側からモッチリとした状態にするためにも、マストで保湿ケアを行いましょう!

 

 

角質ケアでターンオーバーを促進


肌は約28日の周期でターンオーバーを繰り返していて、それにより古い角質が剥がれ落ちるようになっています。
これにより新しい皮膚が徐々に表面に現れ、シミのない美しい肌になることができます。
しかしこのターンオーバーが乱れてしまうと、古い角質が厚く蓄積され、シミが残るようになります。
そのため、古い角質をケアして、ターンオーバーを正常にしてあげる必要があります。
古い角質が残っていると、せっかくいい基礎化粧品を使っても、成分がうまく肌に入ってくれなくなる場合もあります。
スクラブやピーリングケアで、古い角質を落としてあげるのがポイントになります。

 

 

美白で紫外線ダメージをケア


潤いがあってキメの整った肌にプラス、シミ知らずの白い肌が加われば透明感はバッチリです。
くすんでしまった肌の色を、美白ケアで元の状態に戻してあげましょう。
基礎化粧品を美白ラインに変える、美白サプリメントを飲むなど身近なものから変えてみるのも良いでしょう。
安価なものから高価なもの、クリニック処方のものまで幅広い商品があるので、自分の肌にある種類を見つけて使ってみてくださいね!
すでにある紫外線ダメージのケアも大切ですが、紫外線対策も行うようにしましょう。
1年を通して紫外線は降っているので、春~冬まで気を抜かずに日焼け予防を行うようにしてください。

 

 

まとめ


スキンケアには、日々の積み重ねが重要になってきます。
地道にケアを続ければ、必ず透明感のある肌を手に入れることができます!
元々の肌質だから、と諦めず、透明感のある美肌を目指しましょう。