透明感のある肌とは?透明感がある肌の条件

透明感のある肌というと、どういった肌の状態を想像しますか?
人によって様々なイメージがあると思いますが、「肌に透明感があるね!」と言われて嫌な人はいないと思います。

 

透明感のある肌とは?透明感がある肌の条件

 


誉め言葉としても使われる肌の透明感とは、具体的にはどういったものなのでしょうか。
今回は、改めて透明感のある肌について紹介していきます。

色の白い肌、日焼け知らずの肌、シミやくすみなどのトラブルのない肌....など、透明感というとこういった言葉が思い浮かびますよね。
もちろん色が白いと透明感があるように見えるのですが、それ以上に大切な要素があります。
それは「キメが整っていてみずみずしい状態」であることです。
たとえ色が白くても、肌がカサカサしていたりテカっていては、透明感があるとは言えません。
肌の水分量が少ないと乾燥をしてしまい、肌のバリア機能が低下します。
そうすると徐々にターンオーバーも乱れてしまい、古い角質がドンドンと蓄積してどんよりとした肌になってしまいます。
内側からふっくらとしたモチ肌は、肌の新陳代謝も活発なため、肌が次々と生まれ変わり美しい状態をキープできます。
そのため肌の水分量が肌は、透明感がある状態だと言えます。

もちろん、肌の色が全く関係ないわけではありません。
水分量が多い肌と白い肌を両立すれば、内側から透き通るような素肌を手に入れることができます。
とにかく色白であることが重要ではなく、肌全体の色が均一であることがポイントです。
人によって、もともと持っている肌の色は異なります。
それぞれのベストの色味をキープし、均一かつみずみずしい状態を作ってあげるようにしましょう。
そうすれば、肌の色がとても白いという状態でなくても、透明感のある肌に見えますよ!

そんな肌の状態を作り上げるには、毎日のスキンケアを丁寧に行う必要があります。
肌を老化&黒くしてしまう紫外線は徹底的にブロックし、シミやそばかすができないように美白ケアをしてください。
肌の水分量を多くするために、保湿ケアは特に重点的におこないます。
乾燥は様々な肌トラブルの原因になってしまうので、保湿をしっかりとしているだけで肌トラブルに悩まされることは減ります。

美しい素肌のための土台を作ってあげるだけではなく、メイクでも透明感を出せるようにしてあげましょう。
濃いメイクをしてしまうと、せっかくの素肌の透明感が隠れてしまいます。
厚塗りにならないように、ナチュラルメイクを心がけるようにしてくださいね。