見た目年齢を引き上げる「顔のたるみ」の解消で心がけたいこととは?

人が人の年齢を見た目で判断する時、一番重視するのはやはり「顔」ですよね。
体型なども大きな印象を与えますが、たとえオバサン体型であっても、顔が若々しければ、「この人は若い」と判断されることの方が多いはずです。

 

見た目年齢を引き上げる「顔のたるみ」の解消で心がけたいこととは?



そして、顔から年齢を判断する際にチェックするのは「顔のたるみ」。
ですから、いくら若々しい体型で若々しいファッションに身を包んでいたとしても、「顔のたるみ」が目立っていれば、見た目年齢はぐんと上がってしまうというのが現実です。

見た目の若さを保つためには、顔のたるみは積極的に解消していきたいですね!

 

 

 

なぜ?顔のたるみがおこる原因


顔のたるみの解消法を知る前に、まずはその原因をさぐっていきましょう。

顔のたるみの原因は、一言で言えば「加齢」です。
しかし、加齢によって起こる様々な要因があり、それはひとつではありません。
顔のたるみの原因となる、いくつかの要因を見ていきましょう。

 

 

肌弾力の低下


肌の真皮層には、コラーゲンやヒアルロン酸、エラスチンなどの、皮膚にハリをもたらす成分があり、これらが肌の弾力を支えています。
加齢による老化が進むと、これらの成分が減少し、皮膚の伸縮性や弾力性が徐々に失われていきます。
ハリを失った肌は、徐々に自らを支えることが難しくなり、下へ下へとたるんでいきます。

 

 

紫外線


紫外線刺激により発生した活性酸素により、真皮層にあるコラーゲンやエラスチンなどが破壊されることで、皮膚の老化が早まってしまった状態です。
これを光老化現象と呼びますが、このように皮膚の老化がはじまると、上記のように「肌の弾力」も低下していきます。
すると、肌のバリア機能が低下し、肌のハリや弾力性が失われ、たるみの要因となるのです。

 

 

乾燥


一見関係が無さそうな肌の乾燥も、顔のたるみの要因となります。
肌が乾燥した状態とは、皮膚の角質層に水分が不足した状態ですから、角質層の下にある真皮層でも、水分が十分保てなくなります。
そして真皮層の水分不足が長時間続くことで、肌のバリア機能は低下していきます。
それが原因で、肌のハリや弾力性が失われ、たるみの要因となっていくのです。

 

 

表情筋の衰え


顔には、表情を変えるために動かす「表情筋」という筋肉があります。
表情筋は皮膚のすぐ下にありますが、この表情筋が衰えることで、その上にある脂肪や皮膚を支えることが出来なくなっていきます。
そうなると、必然的に脂肪や皮膚は重力にしたがって下へと下がり、顔のたるみを引き起こすことになります。

 

 

顔のむくみ


顔に余分な水分が溜まっていくことで起こる「顔のむくみ」。
むくみは放置しておくと、まぶたが腫れぼったくなったり、二重あごの原因となったりもします。
また、水分の重みにより、皮膚が重力に逆らえなくなり、顔のたるみへと進化していきます。

この他にも、食生活の乱れや睡眠不足など、生活習慣による栄養不足で肌に十分な栄養が行き渡らなかったり、猫背や頬杖をつくなど姿勢の悪さから顔の筋肉に影響を与えたりなど、顔のたるみの要因は様々なものがあります。
多くの人が、ひとつの要因ではなく、複数の要因が要因となりたるみを引き起こしていますので、思い当たることがあるならば、ひとつひとつを解消していくことが大切です。

 

 

押さえておきたい!顔のたるみの解消のポイント


顔のたるみを引き起こすのは、加齢が主な原因ですが、加齢を早める要因を改善していけば、顔のたるみの改善や予防に繋がっていくはずです。

まずは、顔のたるみの大きな要因となる、以下のポイントをおさえて改善していきましょう。
・日焼け止めや日焼け防止グッズを使い、徹底的に紫外線対策をする
・なるべく表情筋を動かす、または表情筋トレーニングで筋力をアップする
・肌のハリを保つため、しっかりと乾燥対策をする
・食生活や生活習慣を見直し、コラーゲンなどの栄養を摂取、良質な睡眠をとるようにする
・リンパマッサージや頭皮のマッサージを行い、顔のむくみを解消する

特に難しい方法ではないはずです。生活習慣が乱れている人は、まずは規則正しい生活を心ががけること、肌のケアをしっかり行うこと、それだけでも違ってくるはずです。
特に、光老化を引き起こす紫外線は、屋内でも届くと言われていますので、日中は日焼け止めなどでしっかりとガードしましょう。
また、リンパマッサージや表情筋トレーニングが上手にできない場合は、専用の美容機器に頼るのも良いでしょう。最近では、表情筋を鍛えながら肌のケアが出来るEMS機能付きの美顔器や、頭皮用のマッサージ器など、多くの便利な商品が出ていますし、それらを取り入れながら、効果的に顔のたるみをケアしてきたいですね。