化粧で女磨き!いい女は無理なメイクをしない

化粧は女性の武器!女磨きにはメイク力アップが欠かせません。
そうはいっても、ガッツリと濃いメイクをすればいいというわけでもありません。

 

化粧で女磨き!いい女は無理なメイクをしない

 


魅力的な女性には、無理のないメイクがポイントになってきますよね。

自然かつ自分の良さが最大限に引き立つのは、ナチュラルメイクです。
まるでメイクをしていないかのような素肌感が、まわりに好印象を与えます。
シミやくすみ、クマなどのトラブルをしっかりカバーしてベースを作りこめば、つるんとした質感の肌を演出できます。
また、濃いポイントメイクは行わず、肌なじみのいいヌーディーカラーをのせれば、チャームポイントをより引き立たせることができるでしょう。

ナチュラルメイクをうまく仕上げる上で大切なことは、素肌をキレイに保つことです。
肌トラブルが多いと、どうしてもそれをカバーするためにファンデーションが厚塗りになってしまいます。
そうならないためにも、まずは保湿をしっかりとしてあげましょう。
乾燥は、様々な肌トラブルの原因になってしまいます。
また、トラブルがない場合でも、保湿をしておけば化粧ノリがかなり良くなりますよ。

いつも基礎化粧品を使うとき、どれくらいの量を使いますか?
ほとんどの人が、思っているよりも使用量が少ないことが多いです。
多すぎるかなというぐらいを使うのがベストなので、まずはいつも使っている量に少しプラスをしてみましょう!
化粧水は500円玉ぐらいの量を使い、1~2回肌につけてあげます。
そのとき、肌に押し込むような形で優しくハンドプレスをしてください。

次に乳液は10円玉ほどの量を使います。
化粧水が肌に浸透してから、乳液を使ってください。
化粧水&乳液がしっかりと肌に入り込み、肌がサラッとした状態になってからメイクを始めるのがポイントです。
その前にメイクをしてしまうと、崩れの原因になります。
なかなかベタつきが取れない時は、ティッシュオフをしてから、メイクを始めるのがおすすめです。

ナチュラルメイクというと、手を抜いているように思ってしまいますが、それは違います。
「ファンデーションだけしか塗らない」のがナチュラルメイクではなく、素肌っぽく自然なメイクをするのがナチュラルメイクです。
ベースを作りこんだ後には、眉メイクやアイメイクもしっかりと行ってあげましょう。
その際にはくれぐれも、アイラインをガッツリ引いてしまったり、濃いシャドウで目を強調したりするのは控えてください。
ヌーディーカラーのシャドウや、細めのアイラインだけでも十分に素材の良さが活かせますよ。

この内容で送信します。よろしいですか?