目の下、頬・・気になる!顔のたるみの原因とは

加齢と共に現れる顔のたるみは、目の下や頬、アゴなど、様々な場所に現れて、老け顔を作り出していきます。
同じ年齢でも、この「顔のたるみ」があるかないかによって、見た目の印象もだいぶ変わりますよね。

 

目の下、頬・・気になる!顔のたるみの原因とは

 


顔のたるみは、主に加齢による筋肉の衰えや、肌にハリを与えるコラーゲンなどの成分の減少が原因ですが、その原因や解消法は、部位によっても若干異なってきます。

今回は、そんな「顔のたるみ」が現れる部位ごとに、主な原因をご紹介していきます。

 

 

顔のたるみが現れる場所とは?


ひとくちで「顔のたるみ」といっても、たるみが現れる部位は人それぞれ、また原因によって様々です。
鏡を見ながら、どの部位のたるみが気になるのか?チェックしてみましょう。

 

 

まぶた


目が大きい、小さいに関わらず、しっかりとまぶたが開いた目元は、それだけで、いきいきとした若々しさを感じさせるものです。
逆にまぶたがたるんで、目に覆いかぶさっているような状態になると、なんだかどんよりとして老けた印象を与えますよね。

多感な若いころ、泣き明かして目が開かなくなるほど腫れてしまった!という経験をした方もいるかもしれませんが、たるみが原因の重たい目は、またそれと違った印象を与えます。
泣きはらした目は、水分でパンと張っているものですが、たるみが出ていると、まぶたの皮が余っているような状態になってしまいます。

まぶたのたるみは、まぶた周辺の筋肉の衰えや、余分な脂肪によって、皮膚が重力に負けている状態が原因です。
二重のラインがぼんやりとしてきたり、奥二重や一重の人は、瞳の見える面積が減ってきたりと、全体的に目が細く小さくなったような印象を与えます。

 

 

目の下のたるみ


目の下のたるみは、目の下の脂肪が浮き出て、目頭から斜めに、ライン状に影が出来た状態です。
一見、クマのように見えたり、クマと同じ場所にできるため、ケアしてるのになかなかクマが消えない!と勘違いしている方も多いかもしれません。

いわゆる「ゴルゴ線」と言われることもあり、なんだか渋い男の人の象徴みたいですが、確かにこのゴルゴ線があると、老けて見えるのはもちろん、表情が険しく見えたりしてしまいます。
老け顔を気にしない男性にとっては、貫禄を与える要素になり得ますが、女性にとっては、できれば現れてほしくないですね。

 

 

頬のたるみ


頬のたるみは、頬にの筋力がゆるみ、頬の脂肪が重力に逆らえずに垂れ下がったようになるのが原因です。
そして頬がたるむと、口の両サイドに「ほうれい線」と呼ばれる深いシワが現れます。

例えば若い女性の写真やイラストに書き足すだけで、一気におばさん顔に変身してしまうほど、ほうれい線は、老け顔の原因の代表と言っても良いかもしれません。

若い人でも、顔の脂肪が多かったり、笑う時のクセで、口元にほうれい線のようなものが現れる場合もあります。
ですが、やはり皮膚のハリ具合が異なりますので、加齢によるものとは、少し印象も異なります。

 

 

輪郭のたるみ


輪郭のたるみは、いわゆる二重あご、といわれるものです。
具体的にどこの部位がたるんでいる、というわけではなく、顔全体がたるむため、顔の一番下に位置するアゴの部分に皮膚と脂肪が集まっていった状態です。

二重あごも、若い人でも現れますが、その場合は太っていることや、むくみなどが原因なので、やはり加齢の二重あごとは印象がだいぶ違います。

 

 

 

顔のたるみを解消するには

 


顔のたるみは、様々な部位に現れますが、どこに現れても、とにかく老けて見えるということ。
そして、共通の原因のひとつに「表情筋の衰え」があります。
顔のたるみを解消するには、まずこの表情筋を鍛えることが重要なポイントになりそうですね。

表情筋はその名の通り、表情を変える際に使う筋肉ですので、無表情を避ける、表情筋を鍛えるトレーニングを行う、などして鍛えることが可能です。
トレーニングが難しい、上手にできない、という人でも、最近はEMS機能(筋肉に電気を流し、刺激を受けた筋肉が反応して動くことで筋肉を鍛えることができる)を搭載した美顔器などもありますので、これらを使用すると効果アップが期待できますよ。

筋肉はいくつになっても鍛えることが可能ですから、顔のたるみが気になりだした、という方は、まずは簡単なトレーニングから始めてみましょう。