新生活に必要な準備とは?押さえておきたいポイント

新生活が始まる前は、これからの期待で胸がわくわくしますよね。
楽しみな新生活をスムーズに始めるには、事前に色々と準備をしておく必要があります。

 

新生活に必要な準備とは?押さえておきたいポイント


今回は、新生活を始める前にしておきたいことを紹介します。

 

 

スケジュールを立てる


新生活を始めるとなると、やるべきことがたくさんあります。
物件探しや契約、引っ越しの準備、家具や家電の購入、水道やガス、電気の契約など内容は多岐に渡ります。
何度も引っ越しをしている人なら勝手がわかっていますが、そうでない方はやるべきことを全て書き出したうえで、スケジュールを立ててあげましょう。
特に引っ越しがピークの3~4月に動きたい場合は、特に早めの行動が大切になってきます。

物件探しは、部屋に住む1か月前からはじめ、気に入った物件を見つけた段階ですぐに契約をするのがポイントです。
早めに契約をしてしまうと、入居前から家賃が発生してしまい費用がかさむ可能性があります。
物件が決まり入居日が決定した段階で、逆算をして引っ越しの準備や家財道具の購入などのスケジュールを立てましょう。

 

 

手続きを忘れないようにする


物件の契約や家具などの購入だけで新生活が始めるわけではありません。
引っ越しをする際は、今住んでいる地域の役所で転出届を出し、それをもって入居する地域の役所に転入届を出す必要があります。
転入届は、入居から2週間以内に出す必要があるので要注意です!

電機やガス、水道の契約をおこなったら、開栓の立ち合いの日程を決める必要があります。
物件にもよりますが、ガスは立ち合いを求められることがほとんどです。
これを行わなければガスが使えないので、連絡を忘れないようにしましょう。

これらの手続き以外にも、転居先住所を報告する必要があるクレジットカードや携帯電話などの住所変更を行う必要があります。
ほとんどがウェブ上でできるようになっているので、手間はかかりません。忘れないうちにおこなっておいてくださいね。

最後に、自分宛に届いた郵便物を新居に転送してもらう手続きを行います。
これは郵便局の管轄になるので、そちらで手続きをおこなってください。

 

 

まとめ


新生活というだけで、やるべきことはかなりたくさんあることが分かりましたね。
仕事をしている方であれば、基本的に休日しか動けないため、しっかりとスケジュールを組んでおく必要があります。
手続きにもれがないように注意してくださいね!